赤ワインの効果・効能

赤ワインの効果・効能

赤ワインの効果・効能

1.赤ワインは心臓血管系に良いです。

心血管疾患は世界の主要な死因であり、毎年の死亡のほぼ3分の1を占めています。炎症は心臓病の進行の主要な要因であり、人間の多くの慢性疾患に関連しています。

ある研究によると、ワインに含まれるレスベラトロールは心臓病のリスクが低いことに関連している可能性があります。これらには、心臓の健康に影響を与える血液凝固や炎症などの問題が含まれていました。

心臓発作と脳卒中の両方が血管が詰まると発生し、赤ワインのレスベラトロールは血栓と血管の損傷を防ぐのに役立ちます。

赤ワインには、白ワインの平均10倍のポリフェノールが含まれていることも知られています。

ただし、推奨される1日の赤ワインの量を超えると、実際に心臓病のリスクが高まる可能性があるため、適度に食べることが非常に重要です。

2.赤ワインには抗がん作用があります。

赤ワインは特定の癌のリスクを減らすことがわかっています。ある研究によると、適度な赤ワインを定期的に飲んだ男性は、飲まなかった男性よりも前立腺がんを発症する可能性が低いことがわかりました。同じ研究では、赤ワインが進行性または攻撃性の癌の予防に特に効果的であることがわかりました。

別の研究では、赤ワインを適度に摂取すると、肺がん細胞と結腸がん細胞がそれぞれ約57%と50%減少することがわかりました。

赤ワインを適度に摂取すると、乳がんのリスクも低下します。これは、女性の乳がんのリスクを高めるエストロゲンレベルを増加させる他のすべてのアルコールとは対照的です。アロマターゼは、乳房腫瘍が独自のエストロゲンを生成するために使用する酵素です。赤ブドウはアロマターゼ阻害剤であるため、アロマターゼ活性を阻害するのに最適な食品です。

3.赤ワインは脳卒中を予防する効果があります。

赤ワインの利点の1つは、脳卒中の予防です。赤ワインを適度に飲むと、いくつかの神経疾患を予防できます。これらには、脳卒中、黄斑変性症、思考スキルが含まれます。

赤ワインの抗炎症作用に加えて、レスベラトロールはアルツハイマー病に役立つことが示されています。

4.赤ワインはコレステロール値を制御するのに役立ちます。

コレステロールは食物から得ることができる物質ですが、体によっても生成されます。時間の経過とともに、悪玉コレステロールである低密度リポタンパク質(LDL)コレステロールが動脈内に蓄積し、プラークを形成します。

このプラークは、脳卒中や心臓発作など、多くの潜在的な悪影響を与える可能性があるため、行動を起こすことが重要です。レスベラトロールは、炎症を抑え、凝固を防ぐ能力があるため、善玉コレステロールの量を増やすのに役立ちます。

5.赤ワインは肌の健康に良いです。

赤ワインに含まれる高レベルの抗酸化物質は、肌に直接塗布すると、にきびの原因となるバクテリアの成長を抑制し、健康な肌を維持するのに役立ちます。抗酸化物質は肌を若返らせ、肌の弾力性を高め、肌を明るく輝かせます。

赤ワインを飲むと、血行を促進し、しわの形成や肌の老化を防ぐことができます。しかし、飲みすぎるとホルモンの流れのバランスが崩れ、皮膚の脱水症状を引き起こし、ニキビの可能性を悪化させる可能性があります。

6.赤ワインは脳の健康に良いです。

赤ワインは知性と認知能力を維持するための良い食べ物です。研究によると、中程度の赤ワインを飲む人は、そうでない人と比較して、認知症やアルツハイマー病などの神経学的状態のリスクが23%低いことが示されています。

ある研究では、赤ワインとアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患との関連性が明らかになりました。研究者は、ワインを飲んだ後に腸に残った特定の化合物がニューロンの死を防ぎ、これらの病気の発症を遅らせる可能性があることを発見しました。

7.赤ワインは、うつ病のリスクを減らすのに適しています。

赤ワインのユニークな利点の1つは、その抗うつ特性です。大学の研究によると、赤ワインに含まれるレスベラトロールは、うつ病や不安神経症の新しい治療法として使用できることがわかりました。

レスベラトロールには抗ストレス効果があり、脳内のストレス調節酵素の発現をブロックします。

8.赤ワインは健康な腸内細菌を増やします。

何十億もの微生物が腸内に生息しており、さまざまな細菌がさまざまな役割を果たしています。これらのいくつかは人体に有益ですが、他の人は病気を引き起こす可能性があります。これらの腸内細菌を制御することはあなたの全体的な健康にとって重要です。

研究によると、赤ワインは酸化ストレスと戦い、健康な腸内細菌を増やすことができます。

9.赤ワインは虫歯の予防に役立ちます。

ある研究によると、赤ワインは、口腔バイオフィルムに見られる特定の細菌の増殖を阻害することにより、虫歯の予防に役立つ可能性があります。

ワインに含まれるポリフェノール抽出物は、歯垢や虫歯の形成に関与する細菌の増殖を遅らせる可能性があります。赤ワインはこれらのバクテリアを減らすのに役立ちますが、最良の口腔衛生習慣は毎日の歯科衛生から来ています。虫歯を防ぐには、ブラッシング、デンタルフロス、定期的な歯科診療が最善の方法です。

10.赤ワインはオメガ3脂肪酸レベルを増加させます。

研究によると、適度な量のワインを定期的に摂取している人は、魚の摂取量に関係なく、オメガ-3脂肪酸のレベルが高いことが示されています。オメガ3は、体内の炎症と多くの慢性疾患のリスクを軽減するのに役立ちます。

ある実験では、ワイン中のポリフェノール抗酸化物質の濃度がEPAとDHAの合成を刺激する可能性があることが示唆されました。EPAとDHAは主に魚に含まれるオメガ3脂肪酸です。

11.赤ワインには、骨密度を改善する特性があります。

赤ワインの多くの利点の1つは、その骨塩密度を高める特性です。適度な赤ワインを飲むと、骨密度を改善するのに役立ちます。人間が年をとるにつれて、私たちの骨は薄くなり、弱くなります。研究によると、適度にワインを飲むと、骨粗鬆症のリスクを減らすのに役立つ可能性があります。

骨粗鬆症は、閉経に達した女性に最もよく見られる骨疾患です。骨粗鬆症は骨をもろくし、骨折しやすくします。

1日に1〜2杯のワインで女性を骨が薄くなるのを防ぐことができます。ワインを適度に摂取することで、年配の女性の骨粗鬆症を防ぐことができます。

12.赤ワインは長寿を促進します。

レスベラトロールは、赤ワインに最もよく見られるポリフェノールです。赤ブドウやブドウの皮に含まれる強力な抗酸化物質です。抗酸化物質は、細胞や臓器に損傷を与える可能性のあるフリーラジカルと体が戦うのを助けます。

研究によると、レスベラトロールはサーチュインと呼ばれるタンパク質の活性を高めることで健康と長寿を促進することが示されています。サーチュインは、老化によって引き起こされる病気から体を保護する責任があります。

13.赤ワインは肥満を防ぐのに役立ちます。

ワインにはレスベラトロールと呼ばれる抗酸化物質が含まれています。これらの抗酸化物質はコレステロール値を下げ、おなかの脂肪を燃焼させ、一般的に肥満に関連する炎症を軽減することで体重を減らすのに役立ちます。

14.赤ワインには免疫力を高める性質があります。

赤ワインのもう一つの利点は、免疫システムをサポートすることです。研究によると、適度にワインを飲むと免疫システムが強化されることがわかっています。適度にワインを飲むと、ウイルスに対する免疫システムを高めることができます。ワインには、ウイルスと強力に戦うことができるフラボノイドの形で高レベルの抗酸化物質が含まれています。

赤ワインは、インフルエンザや風邪の症状の治療にも役立ちます。ポリフェノールレスベラトロールは、ウイルスが体内で増殖するのを防ぐことができます。

15.赤ワインは目の健康に良いです。

赤ワインは目の健康にも役立ちます。このワインに含まれるレスベラトロールは目の健康に有益です。レスベラトロールは、加齢に伴う目の筋肉の劣化を防ぎます。これらの加齢に伴う眼の筋肉の劣化の1つは、黄斑変性症と呼ばれます。

黄斑変性症は、視力喪失の主な原因と考えられています。赤ワインのレスベラトロールは、黄斑変性症を引き起こす可能性のある目の血管の成長を防ぎます。

16.赤ワインはヘアケアに役立ちます。

赤ワインはヘアケアに多くの利点があります。

  • 赤ワインの摂取は頭皮の血液循環を改善し、脱毛を減らし、毛包の損傷を防ぎ、髪の成長を刺激します。
  • 赤ワインに含まれる強力なポリフェノールであるレスベラトロールは、炎症を軽減し、頭皮の炎症の影響を軽減することができます。
  • 赤ワインを適度に摂取すると、頭皮の周りの血液循環を促進しながら血管を強化するのに役立ちます。これはフケを取り除き、防ぐのに役立ちます。
  • 赤ワインは、繊維状の構造タンパク質の一種であるケラチンの成長を刺激するのに役立ちます。このタンパク質は、赤ワインに含まれるさまざまなビタミンやミネラルとともに、髪の老化を防ぐのに役立ちます。

赤ワインの副作用

上記の赤ワインの健康上の利点の多くは、適度に摂取した場合です。過度の飲酒には多くの副作用があります。アルコール摂取は、高血圧、肝硬変、アレルギー反応、いくつかの種類の癌、睡眠不足、乳癌、脳損傷、心臓損傷、膵臓の炎症など、いくつかの健康問題のリスクの増加に関連しています。ここにいくつかの副作用があります。

  • 赤ワインの副作用の1つは、ワインの二日酔いです。特に赤ワインは他のアルコール飲料よりもアルコール度数が高いため、二日酔いを引き起こす可能性があります。
  • 少量の赤ワインは心臓を保護しますが、大量の赤ワインは逆の効果があります。定期的に赤ワインを大量に摂取すると、心血管疾患やその他の循環器疾患のリスクが高まります。
  • ワインの量が多すぎると、特定の癌のリスクが高まる可能性があります。過度のアルコール摂取は、乳がん、喉がん、肺がん、肝臓がん、および口腔がんのリスクの増加に関連しています。

赤ワインの栄養成分/ 100g

  • カロリー:85 Kcal
  • 脂肪:0 g
  • コレステロール:0 mg
  • ナトリウム:4 mg
  • カリウム:127 mg
  • 炭水化物:2.6 g
  • 食餌繊維:0 g
  • タンパク質:0.1 g
  • カルシウム:8 mg
  • 鉄:0.5 mg
  • ビタミンB6:0.1 mg
  • マグネシウム:12 mg

上で何度か述べたように、赤ワインの利点の多くは適度に消費されたときに有益です。過剰摂取は逆の効果があります。また、特定の病気の人は、消費する前に専門家に相談する必要があります。

Show Buttons
Hide Buttons