紫陽花(あじさい):花言葉と意味

紫陽花(あじさい):花言葉と意味

紫陽花(あじさい)

あじさいの起源と文化

アジサイはアジアと南アメリカ原産です。花はオランダ東インド会社の最初の船でヨーロッパに持ち帰られたと言われています。

アジサイという言葉は、ギリシャ語で水を意味するハイドロスとポットを意味するアンゴスに由来しています。この植物は、その形が古代の水筒に似ていたため、この名前が付けられました。

この花の象徴性は文化によって大きく異なります。日本では、この花は誠実な気持ち、理解、謝罪と結びついています。この意味は非常に古い時代から来ています。日本の天皇はかつて、大好きだったが忙しすぎて無視した少女の家族にアジサイを贈ったと言われています。あじさいは、天皇が愛する少女の家族に贈った後、心からの気持ち、理解への感謝、謝罪につながったと言われています。現代の日本では、アジサイは調和と共存の象徴的な意味も持っています。

仏教の伝統では、アジサイの葉を乾燥させ、ヘブンリーティーと呼ばれる儀式用のお茶を淹れるために使用されます。

対照的に、アジサイはヨーロッパでは否定的な感情を持っており、傲慢さとプライドを宣言するために使用されます。この関連付けは、多くの花を生産するが種子はほとんど生産しない植物の能力に基づいています。冷たさのしるしとして愛への興味を拒んだ人々にこれらの花を贈ったと言われています。

色によるアジサイの意味とシンボル

あじさいは、ピンク、青、紫、白の色でよく知られています。あじさいの色はどれも綺麗ですが、花の象徴的な意味も同じです。あじさいの色によって、花の象徴的な意味は大きく異なります。

アジサイを贈るときは、象徴的に厄介な状況を避けるために、慎重に、受取人に適したアジサイの花の色を選択する必要があります。あじさいの各色の意味と象徴性は次のとおりです。

ピンクのあじさい(赤いあじさい):誠実な気持ちを象徴しています。

この赤い花は、誠実な気持ち、ロマンス、本当の気持ちを意味します。バレンタインデーにピンクのアジサイを選ぶと、バラやカーネーションの特別な代替品になります。

また、ピンクのあじさいは本当の感情を象徴しているので、ウェディングブーケに最適です。ピンクのあじさいには、愛の意味と誠実さが込められていると言われています。この花をよく見ると、ハートの形に似ていることがわかります。

青いアジサイ:後悔と謝罪を象徴しています。

青いあじさいは後悔と謝罪を象徴しています。また、理解と深い感謝の気持ちを示しています。あなたが間違ったことをした人や、過去にあなたの人生の重要性を見落としていたかもしれない人にプレゼントするのは良い贈り物です。

青いあじさいの意味は、日本の天皇がガールフレンドに謝罪したという伝説の物語に由来しています。青いあじさいは、日本にいても世界にいても、他人への感謝と理解を象徴し、ごめんなさいと認める意味があります。

白いアジサイ:傲慢、虚栄心、プライドを象徴しています。

一般的に、白い花は純粋さと優雅さの象徴です。しかし、白いアジサイの花は、プライド、虚栄心、プライドにも関係しています。また、白は思いやりの伝統的なシンボルです。この意味はビクトリア朝時代に始まったと言われています。

紫あじさい:誰かを深く理解したいという願望を象徴しています。

紫のあじさいの花は深い理解を象徴しています。紫のアジサイは、感謝の気持ちを表すため、友情や永続的な関係のための素晴らしい花としても使用されます。紫は伝統的に雄大な色合いです。紫のアジサイは、プライド、ロイヤルティ、リーダーシップを象徴することもできます。

紫のあじさいも深い理解を示しており、結婚4周年のプレゼントに人気があります。これらの花を提示することはあなたのパートナーに感謝を示すための美しい方法です。

緑のアジサイ:再生を象徴しています。

一般的に、緑の花は再生を象徴しています。また、緑のアジサイは繁栄、幸運、健康、そして若さを表すことができます。これは、始めたばかりの人、または人生に前向きなエネルギーを注入する必要がある人への素晴らしい贈り物です。

アジサイの花をプレゼントする4つの状況

  • 誰かに心からの謝罪をする必要があるときは、青いアジサイを渡すのは良い考えです。アジサイはかつて皇帝が許しを得るために使用したことが知られています。
  • 紫色のアジサイは深い理解を伝え、困難な時期を経験している友人に適しています。それはあなたが彼らが経験している状況を理解していることを示すことができます。
  • 誠実な感性と深い理解の花であるアジサイは、親しい友人への素晴らしい贈り物です。特に、緑のアジサイは、友人の健康と繁栄を願うことで、深い絆への感謝の気持ちを表すことができます。
  • アジサイは結婚4周年に関連することがあります。あじさいは正式には結婚記念日の花ではありませんが、ピンクのあじさいはロマンチックなパートナーへの素晴らしい特別な贈り物になります。

あじさいの特徴

高さ1〜1.5mの落葉低木です。1本の茎からいくつかの茎が出てきて、若い枝は緑色で太いです。葉は長楕円形で長さ8〜15cmで、先端が鋭く、端が鋸歯状になっています。

花びらのように見えるのはがく片で、鋸歯状の縁があり、花びらは小さいです。雄しべと雌しべは退化していて小さくて実がありません。このように、昔はあじさいの花は実りのない女性を意味していました。

花は比較的長持ちし、適切に手入れされていれば2〜3か月続くことがあります。白、ピンク、赤、紫、青など、さまざまな色の花が集まって、カラフルで魅力的な花になっています。

アジサイは、同じ品種でも土壌や肥料によって色が違うという特徴があります。

ほとんどのアジサイには毒素が含まれていますが、薬用の歴史がある植物もあります。たとえば、アジサイの根茎と根は、尿路の問題を治療することが知られています。アジサイの根の抽出物は、排尿を増やすことにより、腎臓、膀胱、尿路の感染症を取り除く身体の能力を向上させることができます。また、腎臓結石の予防にも役立つ場合があります。

ただし、医学的に検証されていない部分が多いので、必ず医師に相談してください。起こりうる副作用や他の薬との相互作用に注意してください。

あじさい色

ほとんどのアジサイの花は白いです。ただし、種によっては、より広い範囲の色の花を持っている場合があります。

色は青、ピンク、濃い紫、薄紫、赤から異なります。土壌のpHレベルと植物が吸収できるアルミニウムイオンの存在は、これらの種の花の色に大きな役割を果たします。

pHが7未満であることを特徴とする土壌の酸性度が高いほど、吸収されるアルミニウムイオンの量が多いことを示します。その結果、青から濃い紫色の花になります。

一方、アルカリ性の土壌(pHレベルが7を超え、アルミニウムイオンが不足している)が多いと、ピンクから赤のアジサイの花になります。

紫色のアジサイを得るには、土壌のpHが5.5から6.5の間でなければなりません。このため、青、ピンク、または赤の色合いのない完璧な紫色のアジサイを見つけることは珍しいことではありません。

また、すべてのアジサイが土壌の酸性度による色の変化の影響を受けるわけではありません。たとえば、白い花は色が変わりません。

あじさいの花の色の変化は、特定のあじさい品種の遺伝にも関係しています。

気象条件(暑いまたは寒い、湿ったまたは乾いた)、植物の健康、および他の自然要因など、他の要因が色の変化に影響を与える可能性があります。

アジサイに年に1、2回施肥すると、植物の健康状態が良くなることがあるので、色が少し暗くなることがあります。

青いアジサイを手に入れるには、土壌にアルミニウムが必要です。したがって、硫酸アルミニウムは、土壌のpHを下げるのに役立つため、アジサイ周辺の土壌に添加することをお勧めします。

土壌が自然にアルミニウムを含み、酸性である場合、アジサイの色は自動的に青と紫の色合いに近づきます。

次に、肥料の選択も色の変化に影響します。リンが少なくカリウムが多い肥料は、良い青色を実現するのに役立ちます。

ピンクのアジサイは土壌からアルミニウムを吸収してはならないので、土壌はアルカリ性でなければなりません。

あじさいの花のタトゥー

アジサイの花は通常、感謝の気持ちを象徴しています。この花は、特定の人への感謝の気持ちを象徴することができます。あじさいのタトゥーは、花の象徴的な意味に基づいて、深い理解と誠実な感情を持って、愛する人への気持ちを表現する良い方法です。

Show Buttons
Hide Buttons