寿司の効果・効能

寿司の効果・効能

寿司

1.寿司はオメガ3が豊富です。

寿司は必須脂肪に分類されるオメガ3魚油が豊富です。これにより、高コレステロール値、心臓病、炎症のリスクが軽減されます。また、血圧やトリグリセリドの低下など、多くの健康上の利点があります。

2.寿司はあなたの脳に良いです。

寿司の魚は最高の脳の食べ物です!オメガ3脂肪酸は脳細胞に栄養を与えて修復します。魚はまた、タンパク質と必須脂肪が豊富で、集中力を高め、エネルギーを維持するのに役立ちます。

3.寿司は気分を落ち着かせます。

寿司はネガティブな感情を抑え、メンタルヘルスを促進します。寿司は脳をリラックスさせ、不安や鬱病を防ぎます。定期的に魚を食べる人は、幸せで明晰な気持ちになる可能性が高くなります。

4.寿司にはしわ防止効果があります。

寿司のメリットのひとつは、お肌に良いことです。寿司は、細胞の損傷を遅らせ、皮膚への酸化的損傷を防ぎ、全体的な老化を遅らせる抗酸化物質の豊富な供給源です。これらの抗酸化物質は、皮膚の細胞構造を維持し、細胞を外部と内部の両方で若く保つのに役立ちます。

5.寿司は骨粗鬆症の予防に適しています。

寿司のもう一つの利点は、骨粗鬆症を予防する特性です。魚は、骨の健康にとって重要なミネラルであるカルシウムの優れた供給源です。寿司を定期的に食べることで、関節を健康に保ち、骨粗鬆症などの症状を防ぐことができます。カルシウムはまた、健康な髪と爪に不可欠な成分を形成します。

6.寿司は記憶に役立ちます。

寿司魚に含まれるオメガ3必須脂肪の含有量が高いため、記憶力と認知機能が向上します。魚を食事に含めると、脳を保護し、健康的な認知機能を維持するのに役立ちます。

7.寿司は筋肉の回復を助けます。

寿司はたんぱく質の優れた供給源であり、筋肉の回復に役立ちます。最大限の効果を得るには、週に2、3回魚を食​​べることをお勧めします。

8.寿司には免疫力を高める性質があります。

寿司には免疫力を高めるという利点があります。寿司には、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄など、エネルギー生産と免疫力に重要な役割を果たす必須ミネラルが豊富に含まれています。また、ビタミンA、カロチン、ビタミンC、レチノールも豊富に含まれています。

それだけでなく、ほとんどの場合寿司とペアになる2つの成分は、抗菌性のあるわさびと生姜です。これは潜在的にバクテリアを殺し、体の免疫システムを強化するのを助けます。

9.寿司は肥満を防ぐのに役立ちます。

寿司にはヨウ素が含まれています。ヨウ素は、肥満や倦怠感につながる可能性のある甲状腺機能低下症の予防に役立ちます。

寿司はタンパク質も豊富で、体のエネルギーレベルをより長く安定させ、新陳代謝を改善し、満腹感を高めます。寿司を食べた後、長時間満腹感を感じるため、食事の合間のおやつが減ります。ダイエット中の場合は、食事に寿司を含めると効果的です。

10.寿司は心臓の健康に良いです。

寿司はオメガ3脂肪酸が豊富であることが知られています。これらの脂肪酸は、動脈の詰まりを防ぐのに役立つ善玉コレステロールの一形態として機能します。オメガ3は血圧を下げるのにも役立ちます。

11.寿司はホルモンの調節を助けます。

海苔はお寿司の具材としても使われています。海藻には多くの健康的なミネラルが含まれており、その中で最も顕著なのはヨウ素です。この重要なミネラルは私たちの食事に欠かせない要素であり、甲状腺が適切に機能するために特に重要です。ヨウ素が多すぎると悪影響が出る可能性がありますが、海藻に一般的に見られるレベルは、ホルモンのバランスを維持し、代謝活動を最適化するのに役立ちます。

12.寿司には新陳代謝を高める性質があります。

寿司には新陳代謝の利点があります。魚はたんぱく質が多く、脂肪とカロリーが少ないです。これは私たちの新陳代謝に良い組み合わせです。低カロリー、高品質のタンパク質は、私たちの体が適切に機能し、新しい細胞を構築し、エネルギーを代謝する能力を大幅に向上させることにより、私たちの体を健康に保ちます。

13.寿司はガンの予防に役立ちます。

寿司の成分は魚だけではありません。具材はさまざまですが、ほとんどの寿司にはわさびと生姜が添えられており、どちらも抗酸化化合物により抗ガン作用があります。これらの抗酸化物質はフリーラジカルを中和することができるため、癌細胞に変異する能力を排除します。また、寿司に含まれる微量ミネラルのセレンには抗がん作用があるとの報告があります。

14.寿司は循環を改善するのに役立ちます。

魚と醤油は鉄分が豊富です。鉄は体内の循環を促進し、赤血球の生成に重要な役割を果たします。適切なレベルの赤血球は代謝を改善し、組織や細胞の治癒過程を加速します。

寿司の副作用

寿司には通常、塩分が多く含まれています。まず、ご飯を炊くのに塩がよく使われます。魚の燻製や野菜の酢漬けにも塩分が含まれています。最後に、通常、塩味の醤油が添えられます。食事に含まれる塩分が多すぎると、胃がんや高血圧のリスクが高まる可能性があります。

寿司の原料である魚を食べると、細菌や寄生虫に感染する恐れがあります。

寿司の原料である魚には、海洋汚染により水銀などの重金属が含まれている可能性があります。水銀レベルが高いと、先天性欠損症を引き起こす可能性があるため、妊娠中や授乳中の女性にとって特に有害です。

寿司100gあたりの栄養成分

  • カロリー:143 Kcal
  • 総脂肪:(2%)
  • コレステロール:(1%)
  • ナトリウム:(26%)
  • 総炭水化物:(11%)
  • 食物繊維:(3%)
  • タンパク質:(9%)
  • カルシウム:(1%)
  • 鉄:(8%)
  • カリウム:(3%)
  • ビタミンA:(5%)
  • ビタミンC:(2%)

%は、推奨される1日あたりの量のパーセンテージです。

Show Buttons
Hide Buttons