レモンの効果・効能

レモンの効果・効能

レモンの効果・効能

1.レモンは心臓の健康を改善します。

レモンはビタミンCの最も豊富な供給源の1つです。ビタミンCが豊富な食品は冠状動脈性心臓病を予防する可能性があります。

研究によると、レモンの摂取とウォーキングは血圧レベルを下げることが示されています。

レモンを含む柑橘系の果物には、アテローム性動脈硬化症の治療に役立つ可能性のある必須のフラボノイドが含まれています。これらの化合物は、心血管疾患につながる可能性のある体の炎症反応を遅らせます。

2.レモンはあなたが体重を減らすのを助けることができます。

いくつかの研究は、レモンのポリフェノールが肥満の抑制に役立つことを示しています。これらのポリフェノールは、体重増加と体脂肪の蓄積を阻害することが示されています。

別の研究では、レモンが体重を減らし、心血管疾患のリスクを減らすのに役立つことがわかりました。

しかし、この点に関するほとんどの研究は動物で行われています。人間に関するさらなる研究が必要です。

3.レモンは腎臓結石の治療に役立ちます。

レモンは腎臓結石の治療に効果があります。レモンには、腎臓結石の形成を防ぐ化学物質であるクエン酸塩が含まれています。

研究によると、毎日2リットルのレモン水を飲むと石の形成速度が低下することがわかっています。クエン酸塩はカルシウムを結合し、石の形成をブロックすることによってこれを達成します。

4.レモンには貧血治療効果があります。

レモンに含まれるビタミンCには貧血治療効果があります。ビタミンCは全体的な鉄の吸収を改善するのに役立ちます。

5.レモンは癌の予防に役立ちます。

柑橘系の果物には、フラボノイドやリモノイドなど、抗がん作用のあるいくつかの化合物が含まれています。この化合物は、胃がん、乳がん、結腸がんのリスクを軽減するのに役立ちます。

レモンに含まれる抗酸化物質は、ガン細胞の増殖も防ぎます。レモンのフラボノイドであるケルセチンには、抗ガン作用があります。これらのフラボノイドは、細胞周期のさまざまな段階でヒトの癌細胞の成長を阻止することができます。

6.レモンには免疫力を高める性質があります。

レモンに含まれるビタミンCは免疫力を高めることができます。ビタミンCは、免疫防御を促進するためにさまざまな細胞機能をサポートしています。人間の免疫システムの重要な構成要素であるB細胞とT細胞の増殖を促進します。ビタミンCの摂取は、呼吸器や感染症のリスクの低下にも関連しています。

さらに、レモンは喘息に対する保護効果もあります。ある研究では、ビタミンCの摂取が喘息やその他の気管支の問題を抱えている人々に役立つ可能性があることがわかりました。

7.レモンは肝臓の健康を促進するのに役立ちます。

レモンには、肝臓の健康を改善する抗酸化作用があります。ある研究では、レモンはアルコール誘発性の肝障害のあるラットに保護効果があることが示されました。

別の研究では、柑橘系の果物は、アフラトキシン(肝臓がんの原因物質)を含む飼料を与えられた鶏の肝毒性を改善することが示されました。

8.レモンはにきびと戦うのを助けます。

レモンのもう一つの利点は、そのにきびと戦う特性です。レモンに含まれるクエン酸は、皮膚表面の皮脂のレベルを下げることができます。クエン酸はまた、にきびの原因となる細菌を殺すことができる消毒特性を持っている可能性があります。

9.レモンには抗酸化作用と抗炎症作用があります。

慢性炎症は、体重増加、倦怠感、消化器系の問題、気分のむら、さらには癌につながる可能性があります。研究によると、ビタミンCには抗酸化作用と抗炎症作用があります。それはいくつかの感染症に対して働き、酸化ストレスから体を保護します。

また、免疫システムを強化し、炎症を軽減します。レモンのような柑橘系の果物には、フリーラジカルと戦うフラボノイドが含まれています。柑橘系の果物の抗炎症作用は、変性疾患のリスクを減らす可能性があります。

10.レモンは消化を助けます。

レモンは健康的な消化を促進します。毒素や老廃物を取り除き、体が食物中の有益な化合物をより多く吸収できるようにします。

レモンは毒素を取り除き、消化を改善することによって消化管を浄化するのを助けます。レモンはまた、ほとんどが可溶性繊維でできており、健康な腸内細菌を促進するのに役立ち、スムーズで規則的な排便につながる可能性があります。

11.レモンは血糖値を制御するのに役立ちます。

ヘスペリジンやエリオシトリンなどのレモンフラボノイドは、酸化ストレスを抑制することがわかっています。これらのフラボノイドは血糖値を下げ、糖尿病のリスクを減らす可能性があります。レモンに含まれるクエン酸は、2型糖尿病に関連する特定の合併症の予防にも役立つ可能性があります。

12.レモンは喉の痛みや咳を和らげるのに役立ちます。

レモンは風邪の症状を和らげるのにも効果的です。レモンと蜂蜜の混合物を温水で飲むと喉を落ち着かせることができます。これは咳を減らし、睡眠の質を改善するのに役立ちます。

13.レモンは体を解毒することができます。

レモンは優れた解毒剤として働き、体から毒素を取り除きます。そうでなければ、肝臓に蓄積する毒素がさまざまな感染症を引き起こす可能性があります。レモンに含まれるクエン酸は、肝臓の損傷を軽減する可能性があります。

14.レモンは肌の健康にいくつかの利点があります。

レモンに含まれるビタミンCは老化防止作用があると言われています。ビタミンCは紫外線によるダメージから肌を保護し、コラーゲンの生成を刺激し、しわの形成を減らします。

柑橘系の果物は、強力な抗酸化作用と老化防止作用があることがわかっています。これにより、酸化ストレスを防ぎ、しわの形成を抑えることができます。

15.レモンは脳の健康に有益です。

レモンには脳の健康上の利点もあります。レモンのような柑橘系の果物は、認知の健康を促進することが示されているフラバノンが豊富です。これらのフラバノンは、脳への血流を増加させることによって機能します。

レモンに含まれるクエン酸は、脳の炎症を防ぎ、脳の健康を促進する酸化ストレスと戦うのにも役立ちます。これらの特性のために、レモンは神経変性疾患の予防に潜在的な利益を示す可能性があります。

16.レモンは食べ過ぎを防ぎます。

過食が問題になる場合は、レモンが有益な場合があります。レモンのような柑橘系の果物の皮や果肉に含まれるペクチンは、人々がより長く満腹感を感じるのに役立つことが証明されています。

17.レモンにはコレステロールを下げる性質があります。

研究によると、レモンには、悪玉LDLコレステロールのレベルを下げることが示されているビタミンCを含むさまざまな栄養素が豊富に含まれています。

レモンには、トリグリセリドレベルを下げるフラボノイドも含まれています。

レモンの副作用

  • レモンは胸焼けを悪化させる可能性があります。いくつかの研究では、柑橘類が胸焼けや胃酸の逆流を引き起こすと考えています。研究によると、同様の胃腸症状のある患者は、より多くの柑橘系の果物やジュースを消費します。胸焼けの症状がある場合は、レモンを摂取する前に医師に相談することをお勧めします。
  • 研究によると、柑橘系の果物は片頭痛を引き起こす可能性があります。これらの果物は、アレルギー反応を介して片頭痛の発作を引き起こす可能性があります。
  • レモンを食べすぎると、歯が損傷する可能性があります。これは、レモンは非常に酸性であり、頻繁に食べると歯のエナメル質を腐食させる可能性があるためです。したがって、適量を摂取することをお勧めします。
  • レモンを食べすぎると、頻尿や脱水症状を引き起こす可能性があります。研究によると、レモンには自然な利尿作用があることがわかっています。したがって、腎臓での尿の生成を促進し、体が塩分や水分をより早く取り除くのを助けます。
  • レモンを食べすぎると、粘膜を刺激し、口内炎を引き起こす可能性があります。

レモンの栄養成分/ 100g

  • カロリー:22 Kcal
  • 脂肪:(0%)
  • ナトリウム:(0%)
  • 炭水化物:(3%)
  • 食物繊維:(1%)
  • タンパク質:(1%)
  • カリウム:(2%)
  • 葉酸:(5%)
  • ナイアシン: (1%)
  • パントテン酸(3%)
  • リボフラビン:(1%)
  • チアミン:(2%)
  • ビタミンB6:(4%)
  • ビタミンC:(43%)
  • ビタミンE:(1%)
  • 銅:(2%)
  • マグネシウム:(2%)
  • マンガン:(1%)
  • リン:(1%)
  • コレステロール:(0%)

%は、推奨される1日あたりの量のパーセンテージです。

Show Buttons
Hide Buttons