マグロの効果・効能

マグロの効果・効能

マグロ

1.マグロは心臓に良いです。

マグロに含まれるオメガ3脂肪酸の割合が高いと、動脈のコレステロールが低下します。動脈内の低コレステロールは、血流と心臓ポンプの問題を減らすことによって心臓の健康を改善します。

2.マグロは血圧を下げます。

マグロには、血圧を大幅に下げるミネラルであるカリウムが豊富に含まれています。この要素とオメガ3脂肪の組み合わせは、心臓血管系に抗炎症効果をもたらします。

これは、血圧が下がり、脳卒中、心臓発作、動脈閉塞などの複雑な問題のリスクが低くなることを意味します。

3.マグロは免疫システムを高めます。

マグロには免疫システムを強化するという利点があります。この魚はマンガン、亜鉛、ビタミンC、セレンが豊富です。それは免疫システムの主要なブースターとして知られている抗酸化物質です。抗酸化物質は、癌などのいくつかの深刻な病気を引き起こす可能性のある細胞レベルでの代謝の副産物であるフリーラジカルと戦います。

マグロのタンパク質はまた、免疫システムを高め、新しい組織の成長を促進することにより、創傷治癒をスピードアップすることができます。

4.マグロは血行を促進します。

マグロが血液循環に良い理由は、その鉄とビタミンBの特性のためです。不健康な食事のために心臓血管系が遅くなり、細胞が変性し始めます。

鉄分とビタミンB群を大量に摂取すると、血球が強化されます。鉄は血液循環を促進し、体の臓器の酸化を改善し、最適な機能を保証します。

5.マグロはトリグリセリドを低下させます。

マグロにはコレステロール値に影響を与えるだけでなく、他にも多くの利点があります。血流中の多くのトリグリセリドは、体を循環する脂肪の量を暴露します。それは、悪玉コレステロールであるLDLと善玉コレステロールであるHDLと関係があります。

マグロを週に2回食べると、LDLが低下し、HDLが改善されます。

6.マグロは目の健康に良いです。

マグロのもう一つの利点は、目の健康のためのその有益な特性です。黄斑変性症と呼ばれる状態は、目の視力を低下させ、徐々に失明につながります。オメガ3酸はこれらの状態を防ぐのに役立ちます。

また、オメガ3脂肪酸を定期的に摂取することで、ドライアイ症候群の予防に役立ちます。

7.マグロは骨を強くします。

ビタミンDは骨の主成分です。このビタミンの利点は、ガンや健康な骨の予防、骨折の予防に役立ちます。

ビタミンDはまた、多発性硬化症や自己免疫疾患のリスクを低下させます。

8.マグロは肌の健康を改善します。

マグロには、中毒や身体の健康状態によって引き起こされる血球への損傷を防ぐのに役立つ微量ミネラルが含まれています。さらに、エラスチンと呼ばれるタンパク質は、追加の組織修復を提供し、肌に柔らかさを提供します。

9.マグロは脳卒中を防ぎます。

マグロには脳卒中を予防する能力もあります。マグロを定期的に食べると、成人の脳卒中のリスクが30%低下する可能性があります。マグロに含まれるビタミンB複合体と葉酸のおかげで、血栓を防ぎ、動脈壁を改善します。

10.マグロは腎臓の健康に良いです。

マグロのもう一つの利点は、腎臓に健康的な特性です。マグロのカリウムとナトリウムの含有量はバランスが取れているため、カリウムが多く、ナトリウムが少ない可能性があります。これは、体内の体液バランスを管理するのに役立ちます。体が体液のバランスを保つと、腎臓は適切に機能し、深刻な腎臓病を発症する可能性を減らします。

ただし、慢性腎臓病の人は、マグロを追加したり、食事に大きな変更を加える前に、必ず医師に相談する必要があります。

11.マグロは筋肉を助けます。

マグロの主成分の一つはたんぱく質です。マグロはタンパク質が最も豊富な肉の1つで、筋肉を構築して脂肪を減らすのに役立ちます。タンパク質は、筋肉の成長と体の代謝率を改善します。

マグロ100gにはたんぱく質約30gが含まれています。

12.マグロは減量を促進します。

肥満は世界最大の健康問題です。マグロは、新陳代謝を高め、脂肪を減らす健康的な栄養素が詰まった低カロリー、高品質のタンパク質食品です。これらの魚に含まれるオメガ3脂肪酸は、レプチンと呼ばれるホルモンを刺激します。レプチンは、食物摂取に対する体の食欲のバランスをとることができます。これは過食を減らし、あなたの体が本当に必要なものだけを食べることを確実にするのに役立ちます。

研究はまた、高タンパク食が空腹を引き起こすホルモンであるグレリンの体内のレベルを低下させることを示しています。

13.マグロには抗炎症作用があります。

マグロは、その潜在的な抗炎症性ビタミンとミネラルのおかげで炎症を軽減することにより、あなたの体の全体的なストレスレベルを下げることができます。全身の炎症を軽減することで、すべての臓器の機能を改善します。これは、全身の適切な機能と関節炎や痛風などの炎症性疾患の予防につながります。

さらに、マグロのオメガ3脂肪は、体内の炎症を抑え、乾癬やクローン病などの多くの自己免疫疾患を和らげることができます。

14.マグロは気分を良くします。

マグロの珍しい利点の1つは、気分を高める特性です。セレンは人間の食欲と気分を調節します。研究によると、体内にセレンが不足すると不安を引き起こすことがわかっています。

15.マグロは脳の健康に良いです。

マグロは、その強力なオメガ3酸のおかげで、脳の認知機能を改善するのに役立ちます。認知機能を改善するために、健康な血液と酸素で満たされた細胞が澄んだ血流を循環して脳に到達するときに発生します。脳は必要なすべてのリソースを備えているため、はるかにうまく機能します。

また、マグロに含まれるナイアシンは、アルツハイマー病や加齢に伴う認知機能低下のリスクを下げるのに役立つ可能性があります。

16.マグロは細胞膜の損傷を防ぎます。

マグロのもう一つの利点は、細胞膜への損傷を防ぐことです。マグロのタンパク質は、ペプチドと呼ばれる細胞物質に分解されます。ペプチドを摂取すると、私たちの体の細胞膜に影響を与え、私たちの全体的な状態を改善し、私たちの体をより健康にします。

17.マグロはガンの予防に役立ちます。

マグロの健康上の利点の1つは、そのガン予防特性です。マグロには、フリーラジカルによる損傷から体を保護する多くの抗酸化物質が含まれています。マグロのオメガ3脂肪は、男性の前立腺がんと女性の乳がんのリスクを減らすことが知られています。

18.マグロは甲状腺の健康に良いです。

私たちの体の甲状腺は、エネルギーレベルを維持し、代謝や体の他の多くの重要な機能を調節する上で重要な役割を果たしています。マグロに含まれるセレンは甲状腺の健康に有益であり、甲状腺機能低下症、バセドウ病、自己免疫性甲状腺炎などの症状を遅らせ、緩和する可能性があります。

19.マグロは、うつ病のリスクを減らすのに役立つ場合があります。

オメガ3脂肪酸が豊富な新鮮なマグロのような魚を少なくとも週に2回食事に加えると、女性のうつ病のリスクを25%減らすことができます。いくつかの研究は、アジアとスカンジナビアの国々のうつ病の発生率が低いのはシーフードの食事によるものだとしています。

20.マグロは成長を促進することができます。

マグロには高レベルのタンパク質が含まれています。マグロの1缶には、毎日のタンパク質の必要量の約80%が含まれています。タンパク質は、成長の効率、傷や病気からの迅速な回復を保証します。

21.マグロは新陳代謝を促進し、エネルギーを増加させます。

マグロのビタミンB複合体には、いくつかの健康上の利点があります。それはエネルギー代謝に関与し、臓器の効率を高め、エネルギーレベルを高めます。このビタミンは酵素の補因子として作用し、代謝反応を加速し、必要な速度でエネルギーを生成できるようにします。

22.マグロは血糖値をコントロールするのに役立ちます。

マグロは炭水化物を含まず、糖尿病管理に有益な栄養素を提供します。米国糖尿病学会は、スーパーフードのトップ10のリストに、マグロを含むオメガ3が豊富な魚をリストしています。彼らは、糖尿病の管理を助けるために、週に2回魚を食べることを公式に推奨しています。

マグロの副作用

マグロには重金属が含まれている可能性があります。Journal of the American Heart Associationに発表された最近の研究によると、高レベルの水銀を含む男性は、心臓病や心臓発作による死亡のリスクが高いことがわかりました。

別の研究では、妊娠中の水銀は胎児や幼児にとって危険である可能性があることがわかりました。水銀は学習障害や発達の遅れを引き起こす可能性があります。乳児では、高用量の化学物質が脳性麻痺や失明などの認知障害を引き起こす可能性があります。

マグロの栄養素/ 100g

  • カロリー:144 Kcal
  • 脂肪:(6%)
  • コレステロール:(13%)
  • ナトリウム:(2%)
  • 炭水化物:(0%)
  • 食物繊維:(0%)
  • タンパク質:(46%)
  • カルシウム:(1%)
  • 鉄:( 6%)
  • カリウム:(5%)
  • ナイアシン:(54%)
  • パントテン酸:(21%)
  • リボフラビン:(19%)
  • チアミン:(20%)
  • ビタミンA:(73%)
  • ビタミンB12:(175%)
  • ビタミンB6 :(35%)
  • ビタミンD:(28%)
  • ビタミンE:(4%)
  • 銅:(10%)
  • マグネシウム:(12%)
  • マンガン:(1%)
  • リン:(36%)
  • セレン:(66%)
  • 亜鉛:(5%)

%は、推奨される1日あたりの量のパーセンテージです。

Show Buttons
Hide Buttons