ビールの効果・効能

ビールの効果・効能

ビールの効果・効能

以下にリストされているビールの利点はすべて、適度に消費された場合です。飲み過ぎは体に悪影響を及ぼしますのでご注意ください。

1.ビールはガンの予防に役立ちます。

研究によると、ビールの主要成分は、ガンや炎症性疾患と戦うために使用される可能性があります。キサントフモールと呼ばれるフラボノイド化合物は、ビール醸造で一般的に見られます。前立腺癌を含む癌の化学的予防において重要な役割を果たすことが示されています。

ビールは、発酵に使用される穀物のため、ポリフェノールの優れた供給源でもあります。赤ワインのように、ビールはガンと戦うのに効果的であることが証明されています。

2.ビールは腎臓結石のリスクを低下させます。

ある研究によると、ビールの消費量の増加は、腎臓結石を発症するリスクの低下と関連していることがわかりました。

ある調査試験では、27,000人の中年男性を対象とした詳細な調査で、「1日1ボトルのビールごとに、腎臓結石のリスクが推定40%減少した」と結論付けられました。

ビールに含まれる水とアルコールの両方が、尿の流れを増加させ、尿を希釈し、結石形成のリスクを低減することが示されています。アルコールはまた、腎臓結石の主成分であるカルシウムの排泄を増加させる可能性があります。

腎臓は、体内の水分量を適切に維持し、老廃物を取り除くために重要です。適度にビールを飲むと、腎臓がうまく機能するのに役立ちます。腎臓が健康であれば、他の体の臓器も健康です。

3.ビールは心臓発作の予防に役立ちます。

ビールには心臓の健康上の利点があります。コレステロールやその他の脂肪物質によって動脈壁が厚くなると、心臓の問題を引き起こすことが知られています。

ビールには、ホモシステインと呼ばれる化合物の蓄積を防ぐことで心臓病を防ぐビタミンB6が含まれています。これは抗凝血効果があり、冠状動脈の閉塞を引き起こす血餅の形成を防ぎます。ビールを適度に摂取すると、血管や動脈の壁に蓄積するプラークであるアテローム性動脈硬化症の根本原因であるコレステロールや炎症のリスクも軽減されます。

4.ビールは脳卒中のリスクを軽減します。

研究によると、適度な量のビールを飲む人は、飲まない人よりも脳卒中のリスクが低いことが示されています。

虚血性脳卒中は最も一般的なタイプの脳卒中です。これは、血栓が脳への血液と酸素の流れを遮断したときに発生します。適度にビールを飲むと、動脈がより柔軟になり、血流が改善されます。その結果、血栓が形成されず、脳卒中のリスクが軽減されます。

5.ビールには骨の健康をサポートする特性があります。

ビールのもう一つの利点は、その骨の健康特性です。ビールは、骨の成長を促進する要因であるシリコンを多く含むことが知られています。

しかし、あなたは適度にのみ食べる必要があります。研究によると、1日に1〜2杯のビールを飲むと骨折のリスクが減る可能性がありますが、それ以上になると実際には骨折のリスクが高まります。

6.ビールは糖尿病を助けることができます。

研究によると、毎日1〜2杯のビールを飲む中年男性は、2型糖尿病を発症するリスクを最大25%減らすことができます。

38,000人の中年男性を対象とした研究では、ビールのアルコール含有量がインスリン感受性を高めることで糖尿病の予防に役立ったと結論付けています。

オランダの研究によると、飲酒していない人は、少なくとも4年間適度に飲酒を始めた場合、2型糖尿病と診断される可能性が低いことがわかりました。

しかし、ここで最も重要なことは、1日に適切な量でそれを食べるときだけです。

7.ビールは脳の健康に良いです。

研究によると、ビールを飲む人は、認知障害、アルツハイマー病、またはその他の形態の認知症を発症する可能性を最大23%減らすことができます。

ある理論は、適度なアルコール摂取のよく知られた心血管の利点が、脳への血流を改善することによって脳の代謝を改善する可能性があることを示唆しています。

ビールのシリコン含有量も理由になる可能性があります。シリコンは、アルツハイマー病の考えられる原因の1つである、体内のア​​ルミニウムの有害な影響から脳を保護するのに役立ちます。

8.ビールは白内障の予防に役立ちます。

ビールのもう一つの利点は、それがあなたの目に利益をもたらすことです。適度に摂取すると、目の健康に役立ちます。

研究によると、ビールに含まれる抗酸化物質はミトコンドリアの損傷から保護する役割を果たしています。

白内障は、ブドウ糖をエネルギーに変換する細胞の一部である、目の外側の水晶体のミトコンドリアが損傷したときに形成されます。抗酸化物質はミトコンドリアをこの損傷から保護します。

9.ビールには、体重を減らすのに役立つ特性があります。

ビールには、体重を減らすのに役立つ特性が含まれています。

科学者たちは、一般的にビールに含まれるキサントフモールと呼ばれる化合物が、体重とコレステロール値を下げるのに役立つ可能性があることを発見しました。

10.ビールは体から毒素を洗い流します。

ビールには利尿作用があり、排尿を増やし、体からの毒素の除去を促進します。

11.ビールはストレスを軽減するのに役立ちます。

研究によると、1日に1〜2杯のビールでストレスや不安を軽減できることがわかっています。しかし、ストレスに対処するために頻繁に飲むことは、良いことよりも害を及ぼす可能性があります。アルコールは今のところストレスを軽減するのに役立ちますが、長期的にはうつ病や不安を引き起こし、ストレスの管理を困難にする可能性があります。

12.ビールは歯の健康に良いです。

ビールのユニークな利点の1つは、歯の健康に有益な特性があることです。ある研究によると、ビールは虫歯や歯周病を促進するバクテリアの活動を阻止するのに役立ちます。

13.ビールは肌や髪に良い影響を与えます。

ビールに含まれるビタミンがニキビを防ぎ、肌に輝きを与えます。ビールの麦芽は健康な髪の成長を促進します。

14.ビールにはコレステロールを下げる性質があります。

研究によると、適度な飲酒は、時間の経過とともにコレステロールの健康を改善するのに役立ちます。

ビールを飲むと、体内の善玉HDLコレステロールのレベルが上がる可能性があります。この善玉コレステロールは、動脈に蓄積する悪玉コレステロールとプラークを取り除くのに役立ちます。

15.ビールにはさまざまな栄養素が含まれています。

ビールのもう一つの利点は、さまざまな栄養素が含まれていることです。

栄養素はビールのブランドによってわずかに異なりますが、ほとんどのブランドは全粒穀物と果物で作られているため、通常、繊維と少量の鉄、カリウム、マグネシウムが含まれています。

さらに、ビールは他のアルコール飲料よりもタンパク質とビタミンBの含有量が高くなっています。

16.ビールは炎症を抑えるのに役立ちます。

ビールの利点には、その抗炎症作用も含まれます。体内の炎症は多くの病気の根本的な原因です。ある研究では、ビールの特定の成分が抗炎症作用を持っていることがわかりました。

ビールの副作用

ビールは利尿剤として機能します。ビールを飲むと、排尿意欲が高まります。

ほとんどのビールには麦芽大麦が含まれています。大麦にはタンパク質の一種であるグルテンが含まれています。特定の人々はグルテンに敏感であることがわかっています。グルテンに敏感な方は、グルテンフリーのビールをお選びください。

いくつかの研究は、ビールを飲むことは実際にあなたの心臓に良いことがあることを示していますが、これらの効果は限られた量を飲むことを意味するだけです。したがって、ビールを飲みすぎると心臓血管系に悪影響を与える可能性があります。また、ビールを飲むことは、すでに心血管疾患を患っている人を助けません。これに関係する人は誰でも医者に相談するべきです。

ビールを飲むと血圧が急上昇する可能性があります。したがって、血圧レベルを制御するために適度な量のビールのみを飲んでください。

ビールを飲みすぎると、胃酸の逆流や胸焼けを引き起こす可能性があります。

ビールは特定の薬と相互作用する可能性があります。鎮静剤とエリスロマイシンはビールと相互作用する可能性があり、不健康である可能性があります。いくつかの抗生物質もビールと相互作用し、頭痛や嘔吐などの副作用を引き起こす可能性があります。特定の薬を服用している人は、常に医師に相談する必要があります。

追加情報:過度のアルコール消費の不利な点

肝臓は、アルコールを含む有害物質を分解して体から取り除くのを助ける器官です。長期の飲酒はこのプロセスを妨げます。また、慢性肝炎症や肝疾患のリスクも高まります。この炎症による瘢痕化は肝硬変と呼ばれます。瘢痕組織の形成は肝臓を破壊します。肝臓がますます損傷するにつれて、毒素を体から取り除くことがより困難になります。

肝疾患は生命を脅かすものであり、毒素や老廃物が体内に蓄積する原因となります。女性はアルコール性肝疾患を発症するリスクが高くなります。女性の体はより多くのアルコールを吸収する可能性が高く、それを処理するのにより長い時間を必要とします。また、女性は男性よりも早く肝臓の損傷を発症します。

膵臓は、体のインスリン使用とブドウ糖への反応を調節するのに役立ちます。膵臓と肝臓が適切に機能していない場合、低血糖症を発症するリスクがあります。損傷した膵臓はまた、体が糖を利用するのに十分なインスリンを産生するのを妨げる可能性があります。

あなたの体があなたの血糖値を管理し、バランスをとることができないならば、あなたは糖尿病に関連したより大きな合併症と副作用を経験するかもしれません。糖尿病や低血糖の人は、過度の飲酒を避けることが重要です。アルコールの摂取量が多すぎると、膵臓が産生する消化酵素が異常に活性化する可能性があります。これらの酵素の蓄積は、膵炎として知られる炎症を引き起こす可能性があります。

アルコールが体にどのように影響するかを理解する最も簡単な方法の1つは、アルコールが中枢神経系にどのように影響するかを理解することです。アルコールは脳と体の間のコミュニケーションを減少させる可能性があります。アルコールは中枢神経系に大きなダメージを与えるため、手足のしびれを感じることがあります。

アルコールは脳が長期記憶を作るのを難しくします。また、明確に考え、合理的な選択を行う能力が低下します。時間の経過とともに、前頭葉が損傷する可能性があります。慢性的で重度のアルコール乱用は、永続的な脳損傷を引き起こす可能性があります。

アルコールは消化管の組織に損傷を与え、腸が食物を消化して栄養素を吸収するのを妨げる可能性があります。潰瘍や痔核は、大量に飲む人によく見られます。潰瘍は、早期に診断および治療されない場合、致命的となる可能性があります。

アルコールを飲みすぎると、ガンのリスクも高まります。大量に飲む人は、口、喉、食道、結腸、肝臓のがんを発症する可能性が高くなります。アルコールと一緒に喫煙する人はより大きなリスクにさらされます。

アルコールは心臓や肺にも影響を与える可能性があります。慢性的にアルコールを飲む人は、飲まない人よりも心臓関連の問題のリスクが高くなります。アルコールを飲む女性は、アルコールを飲む男性よりも心臓病を発症する可能性が高くなります。

アルコールをたくさん飲む女性も月経に問題がある可能性があります。これは不妊のリスクにつながる可能性があります。妊娠中に大量に飲む女性は、早産や流産のリスクが高くなります。

長時間お酒を飲むと、体が骨を強く保つことができない場合があります。これにより、骨折のリスクが高まる可能性があります。

過度の飲酒は、体の自然な免疫システムを低下させます。これは、体が侵入するバクテリアやウイルスと戦うことをより困難にします。長時間大量に飲む人は、一般の人よりも肺炎や結核を発症する可能性が高くなります。

ビールの栄養成分/ 100g

  • カロリー:43 Kcal
  • 脂肪:(0%)
  • ナトリウム:(0%)
  • 炭水化物:(1%)
  • タンパク質:(1%)
  • カリウム:(1%)
  • 葉酸:(2%)
  • ナイアシン:(3%)
  • リボフラビン:( 2%)
  • ビタミンB12:(1%)
  • ビタミンB6:(4%)
  • 銅:(1%)
  • マグネシウム:(2%)
  • リン:(2%)
  • セレン:(1%)
  • コレステロール:(0%)

%は、推奨される1日あたりの量のパーセンテージです。

Show Buttons
Hide Buttons