ビートルートの効果・効能

ビートルートの効果・効能

ビートルート

1.ビートは栄養素と繊維の豊富な供給源です。

ビートルートにはビタミンA、C、Bが含まれています。また、カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、マンガン、繊維の優れた供給源でもあります。ビートの主な健康上の利点は、深くて豊かな色を提供するベタイン色素から来ています。

ベタインには強力な抗酸化作用と炎症作用があります。ビートは、アントシアニンと呼ばれる有益なフラボノイドの供給源でもあります。

2.ビートの葉も食べることができます。

この野菜の葉にも多くの利点があります。ビートの葉にはほうれん草よりも多くの鉄分が含まれています。ビートの葉には、健康に役立つ多くのミネラルやビタミンも含まれています。

3.ビートは血圧を下げることができます。

ビートの無機硝酸塩含有量は一酸化窒素に変換され、血流を改善するのに役立ちます。それは心臓血管系に有益であり、血圧を下げ、血流を改善するのに役立ちます。

研究によると、ビートを食べることで血圧を下げることができます。その利点は、体内で一酸化窒素に変換される天然硝酸塩からもたらされます。一酸化窒素は血管を拡張し、血流を改善し、血圧を下げます。

4.ビートは炎症を助けます。

ビートは炎症と戦うのに役立ちます。ビートを定期的に摂取すると、強力な抗炎症作用があります。

コリンはビートルートの重要な栄養素です。細胞膜の構造を維持し、脂肪の吸収を助け、慢性炎症を軽減します。

また、ビートの抗炎症特性は腫瘍との戦いに役立つ可能性があり、癌にさえ利益をもたらす可能性があります。

5.ビートは心臓の健康に良いです。

ビートに含まれる栄養素のベタインはホモシステインのレベルを下げ、血管に害を及ぼす可能性があります。ビートルートを摂取すると、ビートの繊維が血管壁から過剰なLDLコレステロールを除去するため、心血管疾患の予防に役立ちます。

また、ビートに含まれる葉酸とビタミンB9は心臓に良いです。ベタインはまた、狭心症の痛み、息切れ、血圧の低下を和らげ、血管系を改善するのに役立ちます。

それだけでなく、ビートに含まれる抗酸化物質は、動脈壁に悪玉コレステロールが蓄積するのを防ぎ、心臓を保護する可能性があります。

6.ビートには抗ガン作用があります。

肺がん、皮膚がん、および結腸がんのがん細胞の成長は、ビートを食べるときに得られるベータシアニン色素によって中和することができます。ビートルート抽出物は、膵臓癌、乳癌、および前立腺癌の治療に使用するために研究されています。研究によると、ベタインは、肺がん、胃がん、結腸がん、乳がんなどの一部のがんの発症から体を保護するのに適しています。

いくつかの研究は、ビートの豊かな赤色は、有害な発癌物質から細胞を保護するのに役立つ可能性のある植物色素であるベタシアニンに由来することを示唆しています。さらに、ビートに含まれる独特の繊維は、結腸がんのリスクを下げるのに役立つ可能性があります。

7.ビートは体の解毒を助けます。

ビートは体内の解毒をサポートし、免疫システムを刺激します。ビートルート抽出物は、細胞からフリーラジカルを除去するのに役立ちます。

研究によると、ビートルートはすべての野菜や果物の中で最も強力な抗酸化物質の1つです。ビートのベタイン色素は解毒プロセスを助けます。分解された毒素は他の分子に結合し、体から排泄される可能性があります。これは、血液と肝臓を浄化するのに役立ちます。

8.ビートは肝臓の健康に良いです。

ビートに含まれるベタインは肝機能を刺激します。ビートルート抽出物は、肝臓での脂肪の蓄積を防ぎます。これにより、酸化ストレスレベルが低下します。

ビートは肝臓から有害な毒素を取り除くのに役立つ効果的な方法です。メチオニンとグリシンベタインは、脂肪酸が肝臓に蓄積するのを防ぎます。ビートに含まれるベタインは、肝細胞の機能を活性化し、肝胆管を保護するのに役立ちます。

9.ビートは、先天性欠損症のリスクを減らす可能性があります。

ビートはビタミンB葉酸が豊富であるため、妊娠中の女性に適しています。このビタミンは、乳児の脊椎の発達を助けます。葉酸欠乏症は、神経管欠損症と呼ばれるさまざまな状態を引き起こす可能性があります。ビタミンB群の葉酸は、赤ちゃんの先天性欠損症のリスクを低下させます。

10.ビートは脳卒中のリスクを減らします。

ビートのもう1つの利点は、脳卒中を助ける特性です。体内のカリウム欠乏症は脳卒中のリスクを高めるため、心臓の健康を改善するためにカリウムが豊富なビートルートが推奨されます。

カリウムは血管を弛緩させ、全身の血圧を下げます。血圧が下がり、血管や動脈の収縮が止まると、血栓が形成されにくくなります。

11.ビートはメンタルヘルスに良いです。

ビートは、脳の健康に重要なビタミンB9としても知られている葉酸の優れた供給源です。葉酸はB12と連携して、体内の鉄の機能を助け、赤血球を生成します。

ビートで生成される一酸化窒素は、体全体の血流を増やすのに役立ちます。これにより、脳の前頭葉への血流が改善されます。加齢とともに脳への血流が減少し、認知能力が低下する可能性があります。ビートを食べると、脳への酸素化が改善され、認知症の進行が遅くなる可能性があります。

ビートには、リラックスして落ち着かせるトリプトファンも含まれています。さらに、この野菜には抗うつ薬として使用されるベタインも含まれています。

12.ビートには免疫力を高める特性があります。

ビートには、免疫システムを高めるのに役立つビタミンCと繊維が含まれています。また、神経や筋肉の健康に欠かせないカリウムなどの必須ミネラルも豊富に含まれています。

さらに、ビートは抗体と白血球の生成を刺激し、骨の強度を高め、免疫システムを強化するのに役立つ可能性があります。

13.ビートは性的健康に良いです。

ビートには、人間の性ホルモンの生成に直接関係するミネラルホウ素が含まれています。これは、出産することと精子の可動性を高めるのに役立ちます。ホウ素はまた、性欲と性ホルモンの産生を刺激します。

14.ビートには老化防止特性があります。

ビートの多くの利点の1つは、アンチエイジング特性です。ビートには、フリーラジカルから目を保護する抗酸化物質であるビタミンAが含まれています。これは、加齢に伴う白内障を予防し、黄斑変性症を軽減するのに役立ちます。

多くの研究は、ビートのようなより多くの植物ベースの食品を食べることは、肥満、糖尿病、および心臓病のリスクを減らすことを示しています。さらに、ビートルートに含まれる独自の色素性抗酸化物質は、体内のコレステロール値を下げ、老化防止特性を備えています。

15.ビートは肌の健康を改善することができます。

ビートは肌にも効果があります。ビートルートの摂取は、皮膚がんを予防することが示されています。

ビートもビタミンCの優れた供給源です。研究によると、コラーゲンを合成するために皮膚にはビタミンCが必要です。ビタミンCはまた、紫外線の有害な影響から肌を保護します。

16.ビートは消化器系の健康に良いです。

ビートを定期的に摂取すると、消化と血液の質が改善されることがわかっています。

ビートは食物繊維が多いため、憩室炎の治療にも役立つ可能性があります。食物繊維を多く食べたグループは憩室炎のリスクが低いことがわかりました。繊維はまた、腸の動きを助け、消化器系の全体的な健康を改善します。

17.ビートは貧血の治療に役立ちます。

私たちは皆、鉄欠乏が貧血を引き起こすことを知っています。ビートルートの鉄含有量が特に高いことがわかっています。

ビートに含まれる葉酸も貧血の治療に役立つ可能性があります。

18.ビートは白内障の予防に役立ちます。

ビートはベータカロチンが豊富で、白内障のリスクを減らすのに役立つ可能性があります。ビートは、加齢に伴う黄斑変性症の予防に役立ちます。

19.ビートは骨粗鬆症の予防に適しています。

ビートの硝酸塩が体内で一酸化窒素に変換されることはすでに見てきました。ある研究では、一酸化窒素が骨粗鬆症を含む特定の生活習慣病の予防に役立つ可能性があることがわかりました。

ビートルートが骨粗鬆症の治療に適しているもう1つの理由は、ビートルートにシリカが含まれているためです。このミネラルは、カルシウムを効率的に利用するために体に必要です。ビートを定期的に食べると、骨粗鬆症やその他の関連疾患の予防に役立ちます。

さらに、ベタインは体内のホモシステインレベルを下げるのに役立ちます。ホモシステインの過剰な蓄積は、特に若年成人において、骨粗鬆症のリスクを高める可能性があります。

ビートに含まれるカルシウムは、骨や歯を強化するのにも役立つことが知られています。

ビートの根の副作用

ビートはシュウ酸塩を多く含み、これらの食品はカルシウム吸収を低下させる可能性があります。シュウ酸塩を大量に摂取すると、腎臓結石を引き起こす可能性もあります。

ビートは高血圧の人には効果がありますが、低血圧の人には効果がありません。ビートルートは血圧を下げるのに役立つことが知られているので、医学的に低血圧と診断された人にとっては危険です。

ビートルートは、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、植物栄養素、ポリフェノール、食物繊維などの多くの栄養素を提供するため、私たちにとって非常に有益です。しかし、ビートルートの摂取は、一部の人々にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。ビートルートに対する一般的なアレルギー反応には、皮膚の発疹、じんましん、かゆみ、悪寒などがあります。

ビート100gあたりの栄養成分

  • カロリー:43 Kcal
  • 総脂肪:0.2 g(0%)
  • ナトリウム:78 mg(3%)
  • 総炭水化物:9.6 g(3%)
  • 食物繊維:2.8 g(10%)
  • タンパク質:1.6 g(3%)
  • カルシウム:16 mg(1%)
  • 鉄:0.8 mg(4%)
  • カリウム:325 mg(7%)
  • ベタイン:128.7 mg
  • コリン:6 mg
  • 葉酸:109mcg(27%)
  • ナイアシン:0.334 mg(2%)
  • パントテン酸:0.155 mg(3%)
  • リボフラビン:0.040 mg(3%)
  • チアミン:0.031 mg(3%)
  • ビタミンA:2 mcg
  • ビタミンB6:0.067 mg(5%)
  • ビタミンC:4.9 mg(5%)
  • ビタミンE:0.04 mg(<0%)
  • ビタミンK:0.2 mcg(<0%)
  • 銅:0.075 mg(8%)
  • マグネシウム:23 mg(6%)
  • マンガン:0.329 mg(14%)
  • リン:40 mg(6%)
  • セレン:0.7 mcg(1%)
  • 亜鉛:0.35 mg(3%)
  • コレステロール:0 mg(0%)
Show Buttons
Hide Buttons