チェリーの効果・効能

チェリーの効果・効能

チェリーの効果・効能

1. チェリーには抗酸化物質が豊富に含まれています。

私たちは皆、フリーラジカルと呼ばれる分子を体内に持っています。これらは本質的に不完全な分子です。フリーラジカルは、消化中、または放射線や大気汚染物質などの有害な環境要因にさらされたときに生成されます。過剰な量のフリーラジカルは、細胞の損傷、病気、および酸化ストレスと呼ばれる老化に関連しています。

抗酸化物質は体内のフリーラジカルを見つけて、体が損傷を受けないようにします。

チェリーは抗酸化物質の豊富な供給源です。ポリフェノール、メラトニン、カロテノイド、ビタミン E、ビタミン C は、体内でプラスの役割を果たします。

このため、サクランボは、心臓病、癌、2 型糖尿病などのさまざまな病気から体を保護することが証明されています。

2. チェリーは快適な眠りをサポートします。

チェリーは、睡眠と気分に影響を与える神経伝達物質であるメラトニンの豊富な天然源です。メラトニンは睡眠を誘発する化学物質であるため、不眠症の人に役立つ可能性があります。

研究によると、サクランボを食べると睡眠の質と時間が改善されることがわかっています。

3. チェリーは炎症を抑える効果があります。

チェリーには、亜酸化窒素濃度と炎症性因子を大幅に減らす能力があります。

さくらんぼを食べると、炎症性疾患に関連する 8 つのバイオマーカーの血漿中濃度が低下することが示されています。

チェリーポリフェノールは、関節炎、糖尿病、癌、高血圧などの病気の危険因子となる可能性のある炎症や酸化ストレスを軽減および予防することができます。

4. さくらんぼは風通しがよい。

痛風は、関節痛を引き起こす関節炎の特定の形態です。痛みの原因は、血液中の尿酸の過剰な量です。この痛みは足の親指の関節に発生することが多いですが、他の関節にも発生する可能性があります。

チェリーの抗炎症作用は、痛風の症状を大幅に軽減します。さくらんぼを毎日摂取すると、血液中の尿酸の量が正常になり、痛風が緩和されることが証明されています。

研究によると、サクランボに含まれるフェノールは、フリーラジカルの酸化プロセスを阻害し、痛風の原因となる分解生成物の形成を減少させます。

5. チェリーはコレステロールを下げます。

さくらんぼの多くの健康上の利点の 1 つは、コレステロールを下げる能力です。さくらんぼは、VLDL レベルを下げ、HDL レートを改善することが証明されています。

マウスの実験的研究では、チェリー抽出物は肝トリグリセリドを減らし、非アルコール性脂肪性肝疾患の発症を防ぎました。

6. チェリーは血圧を下げる効果があります。

チェリーの摂取は、収縮期血圧と拡張期血圧の両方を下げることが証明されています。

研究によると、サクランボに含まれるフェノール酸には、血管を弛緩させ、血圧を下げ、予防するのに役立つ血圧降下作用があることが示されています。

7. チェリーは 2 型糖尿病の予防と治療に役立ちます。

チェリーは、2 型糖尿病患者にとって理想的な炭水化物源です。さくらんぼはグリセミック指数が低いです。これは本質的に、摂取したときに高血糖やインスリン反応を引き起こさないことを意味します。

さらに、サクランボに含まれるポリフェノールは、高血糖、酸化ストレス、2 型糖尿病を示す炎症マーカーを減らすのに役立ちます。

8. チェリーはメンタルヘルスの改善に役立ちます。

チェリーはメンタルヘルスにも役立ちます。特にチェリーは、コルチゾールのレベルを下げることが示されています。コルチゾール レベルは、全体的な気分の改善に関連しています。

さくらんぼを食事に加えると、気分が良くなり、軽い不安が軽減される可能性があります。

9. チェリーは関節炎の症状を軽減します。

痛風の症状を軽減するサクランボの抗炎症性は、他の形態の関節炎の抑制に役立ちます。

前述のように、強力な抗酸化物質には、酸化ストレスを大幅に軽減する能力があります。したがって、これは関節炎の症状を悪化させる可能性のある炎症性タンパク質の存在を減らします。

10. チェリーは記憶力の向上に役立ちます。

さまざまな研究により、サクランボの摂取と記憶力および認知機能の改善との相関関係が示されています。

動物実験を通じて、アントシアニンは記憶力を改善し、アルツハイマー病を予防するのに役立ちます。

11. チェリーは癌の可能性を減らすのに役立ちます。

さくらんぼの摂取は、がんの発生率の低下と関連しています。

研究によると、サクランボは膵臓がん、乳がん、肝臓がん、結腸がん、皮膚がん、肺がんを発症する可能性を減らします。さくらんぼのフェノール化合物とフェリルアルコール含有量がこの効果を発揮します。

12. チェリーは心臓病のリスクを軽減します。

さくらんぼに含まれるアントシアニンは、脂質の過酸化を阻害し、炎症を抑制し、最終的に心血管リスクを軽減します。

高血圧は、心血管疾患の重要な危険因子です。心血管疾患は、世界保健機関 (WHO) によると、世界の主要な死因です。チェリーはまた、コレステロールと血圧を下げるのに役立ちます。

さくらんぼには、ポリフェノールやカリウムなど、血圧を下げる栄養素が含まれています。

ポリフェノールは、酸化による損傷を防ぐことができる抗酸化物質です。

13. チェリーは体重を維持するのに役立ちます。

さくらんぼの繊維含有量も体重管理に役立ちます。

さくらんぼの繊維は、満腹感を持続させ、血糖値の急激な上昇や下降を防ぎます。

14. チェリーは C 反応性タンパク質を減らすのに役立ちます。

さくらんぼは、特に C 反応性タンパク質 (CRP) を減らすことが示されています。C 反応性タンパク質は、炎症の主要な血液マーカーです。CRP レベルが高いと、心臓発作や脳卒中のリスクが高まる可能性があります。

チェリーが豊富なアントシアニン、ビタミン C、その他のフェノール酸は、CRP 値が高い場合の影響を最小限に抑え、防止するのに役立ちます。

15. チェリーは老化を防ぎます。

チェリーには抗酸化物質が豊富に含まれています。抗酸化物質は、肌をくすんで見せるフリーラジカルと戦います。

チェリーはまた、日光や紫外線による皮膚の損傷を修復するのに役立ちます。

16. チェリーはphのバランスを整える

さくらんぼはアルカリ性です。体内の酸含有量が増えると、チェリーは中和します。また、酸性度や消化不良などの胃の問題を防ぐことにより、Phレベルのバランスを整えるのにも役立ちます.

17. さくらんぼにはカリウムとビタミン C が豊富に含まれています。

カリウムは、体の脱水や解毒に寄与するだけでなく、細胞、神経、筋肉の機能を維持する上でも重要な役割を果たします。

ビタミンCは、体内のさまざまなプロセスに関与しているため、不可欠です。ビタミン C は、創傷治癒と心臓血管の健康に良いです。

18. チェリーは運動の回復を改善することができます。

研究によると、サクランボに含まれる抗炎症化合物と抗酸化化合物が、運動によって引き起こされる筋肉の痛み、損傷、炎症を和らげるのに役立つことが示されています。

さくらんぼは、筋肉の回復を促進し、運動による筋肉痛を軽減し、筋肉の損失を防ぐことがわかっています。

さくらんぼの副作用・注意事項

チェリーには食物繊維が含まれており、この果物を過剰に摂取すると消化器系の問題を引き起こす可能性があります。さくらんぼの過剰摂取は、腸内ガス、腫れ、腹部のけいれんを引き起こす可能性があります。

一般的ではありませんが、チェリーにアレルギーがある人もいるでしょう。じんましん、息が詰まるなどの症状があります。このような症状があらわれた場合は、すぐに病院を受診してください。

さくらんぼは体に良い栄養素が豊富に含まれていますが、さくらんぼだけを食事として食べると栄養不足になりがちです。チェリーには、特定の種類のビタミン、タンパク質、一価不飽和脂肪が含まれていません。したがって、バランスの取れた食事を均等に食べる必要があります。

Show Buttons
Hide Buttons