ココアの効果・効能

ココアの効果・効能

ココアの効果・効能

1.ココアはガンの予防に役立ちます。

癌は世界で2番目に多い死因です。フリーラジカルや環境汚染物質が細胞に損傷を与えると、癌を引き起こす可能性のある危険な突然変異を引き起こす可能性があります。しかし、科学者たちは、体がフリーラジカルによる損傷や癌のリスクと戦うのを助ける物質である抗酸化物質を発見しました。この強力な植物性化合物は、さまざまな果物や野菜に含まれています。

ココアは他の多くの食品よりも多くの抗酸化物質を誇っています。ココアは特にポリフェノール、フラボノイド、ナイアシンが豊富で、細胞を損傷やバクテリアから保護し、癌細胞の増殖を防ぎます。

ある研究では、カカオは健康な細胞の成長と機能に影響を与えることなく、前立腺癌細胞の成長を止めることができることがわかりました。

2.ココアは血圧の健康に良いです。

カカオの摂取は、血管を拡張し、酸化的損傷の有害な影響から保護することにより、血圧を下げることが証明されています。

健康な人を対象とした研究では、フラバノールの濃度が高いほど、血圧を下げる効果が大きいことがわかりました。たとえば、フラボノールを多く含むダークチョコレートを食べた人は、フラボノールを含まないホワイトチョコレートを食べた人よりもはるかに大きなメリットがありました。

これは、ココアが血圧を下げるのに役立つ可能性があることを示唆しています。ただし、カカオは高血圧治療レジメンのアドオンとしてのみ使用する必要があり、承認された薬の代わりに使用しないでください。必ず専門医にご相談ください。

3.ココアは脳の健康に良いです。

カカオのもう一つの利点は、その脳の健康上の利点です。専門家は、カカオに含まれるフラバノールは、加齢に伴う認知機能低下の兆候の多くを予防または軽減できると述べています。

ココアに含まれるポリフェノールとフラボノイドは、脳機能を改善し、脳への血流を増加させ、認知症やアルツハイマー病などの神経変性疾患を予防することが示されています。

フラバノールは血液脳関門を通過することができ、脳機能のためのニューロンと重要な分子を作成する生化学的経路に関与しています。

4.ココアはあなたのメンタルヘルスに良いです。

ココアは、気分やうつ病の症状を改善するだけでなく、加齢に伴う精神的悪化にプラスの効果をもたらす可能性があります。

気分へのプラスの効果は、カカオのフラバノールとトリプトファンが自然な気分安定薬であるセロトニンに変換されるためです。

さらに、年配の男性の研究では、チョコレートを食べると全体的な心理的健康が改善されることがわかりました。

5.ココアは健康的な繊維を提供します。

食物繊維は、満腹感を与えるだけでなく、健康的な排便と適切な消化機能にも役立ちます。

研究によると、カカオを定期的に摂取する人は、そうでない人よりも排便が短く、便秘が少ないことがわかっています。

6.ココアは、心臓病や脳卒中の予防に役立ちます。

ココアはまた、心臓に利益をもたらします。カカオに含まれるポリフェノールとフラバノールは、フリーラジカルによる損傷と闘い、ガンを予防するだけでなく、心臓の健康を改善するのに役立つ抗炎症作用を持っています。

カカオに含まれるフラボノイドは、特に血栓や蓄積物が血管や動脈の血流を妨げるのを防ぐことにより、心血管疾患の発症を防ぐのに役立ちます。

ココアには、脳卒中のリスクを軽減する可能性のある特性もあります。

ココアに含まれるフラボノールは、血中の一酸化窒素レベルを改善し、動脈や血管を弛緩させて拡張させ、血流を改善します。

ココアは、悪玉LDLコレステロールを低下させ、血糖値を改善し、炎症を軽減することがわかっています。これらの特徴は、心臓発作、心不全、脳卒中のリスクの低下に関連しています。

157,809人の研究のレビューでは、チョコレートを多く食べると心臓病や脳卒中のリスクが低くなることがわかりました。これらの結果は、カカオベースのチョコレートが心臓を保護する効果がある可能性があることを示唆しています。

7.ココアは2型糖尿病に役立ちます。

ココアのフラバノールは、2型糖尿病の症状に役立つ可能性があります。チョコレートの摂取量が多すぎると血糖値のコントロールには間違いなく良くありませんが、カカオには抗糖尿病作用があります。

フラバノールが豊富なココアを摂取すると、インスリン感受性と血糖コントロールが改善され、炎症が軽減される可能性があります。

これらの有望な結果にもかかわらず、いくつかの研究には異議があるため、注意が必要です。糖尿病の人は専門医に相談してください。

8.ココアは歯と肌に良いです。

いくつかの研究では、虫歯や歯周病に対するカカオの保護効果が調査されています。ココアには、口腔の健康上の利点に寄与する可能性のある抗菌および免疫刺激特性を持つ多くの化合物が含まれています。

ある研究では、カカオ抽出物を与えられた口腔細菌に感染したマウスは、水だけを与えられたマウスと比較して虫歯が有意に減少しました。

しかし、私たちが消費するほとんどのカカオ製品には砂糖が含まれています。したがって、カカオの口腔衛生上の利点は、砂糖を含まない製品に限定されます。

さらに、カカオポリフェノールは肌に大きな利益をもたらすことがわかっています。

カカオの定期的な摂取は、皮膚の血液循環に貢献し、皮膚の水分補給を改善することが示されています。

9.ココアは、気管支喘息の緩和に役立ちます。

カカオのもう一つの利点は、その気管支の健康特性です。カカオ豆にはキサンチンとテオフィリンが含まれており、気管支痙攣を和らげ、収縮した気管支を開くことができます。それは抗喘息特性を有する可能性があり、喘息を含む様々なアレルギーの治療に有用です。

ある研究によると、カカオパウダーにはテオブロミンが含まれており、これは抗喘息の特性を持っている可能性があります。

10.ココアは体重管理に役立ちます。

研究によると、カカオの利点には肥満の予防が含まれる可能性があります。ココアの摂取は脂質代謝の調節を助け、脂肪酸の合成を減少させる可能性があります。

ただし、糖分と脂肪が多いココアを食べると、減量に悪影響を与えることを忘れないでください。

11.ココアの他の健康上の利点

  • ココアは治癒を早めることができます。ココア抽出物は、天然薬の製造におけるその治療的および創傷治癒特性でも知られています。
  • ココアは慢性疲労症候群を軽減する可能性があります。ココアは、脳内のセロトニンなどの神経伝達物質の放出を助ける可能性があるため、慢性疲労に苦しむ人々を落ち着かせる効果があるかもしれません。
  • ココアはマグネシウム欠乏症に役立ちます。ココアを定期的に摂取することで、マグネシウム欠乏症の副作用を防ぐことができます。

ココアの副作用

ココアにはカフェインが含まれているため、過剰摂取は頻尿、不眠症、不整脈、胃食道逆流症、下痢などを引き起こす可能性があります。

ココアは、特定の人々にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。その症状には、皮膚反応、片頭痛、消化不良などがあります。

ココアは特定の薬と相互作用する可能性があります。必ず専門医にご相談ください。

ココアの栄養成分/ 100g

  • カロリー:228 Kcal
  • 脂肪:14 g(18%)
  • ナトリウム:21 mg(1%)
  • 炭水化物:58 g(21%)
  • 食物繊維:37 g(132%)
  • タンパク質:20 g(40%)
  • カルシウム:128 mg( 10%)
  • 鉄:13.86 mg(77%)
  • カリウム:1524 mg(32%)
  • 葉酸:32 mcg(8%)
  • ナイアシン:2.185 mg(14%)
  • パントテン酸:0.254mg(5%)
  • リボフラビン:0.241 mg( 19%)
  • チアミン:0.078 mg(6%)
  • ビタミンB6:0.118 mg(9%)
  • ビタミンK:2.5 mcg(2%)
  • 銅:3.788 mg(421%)
  • マグネシウム:499 mg(125%)
  • マンガン:3.837 mg( 167%)
  • リン:734 mg(105%)
  • セレン:14.3 mcg(26%)
  • 亜鉛:6.81 mg(62%)
  • コレステロール:0 mg(0%)
  • カフェイン:230 mg

%は、推奨される1日あたりの量のパーセンテージです。

Show Buttons
Hide Buttons