オリーブオイルの効果・効能

オリーブオイルの効果・効能

オリーブオイル

1.オリーブオイルは健康的な脂肪が豊富です。

オリーブオイルは、オリーブの木の実であるオリーブから抽出された天然オイルです。オリーブオイルの約14%は飽和脂肪で、11%はオメガ6やオメガ3脂肪酸などのポリ不飽和​​脂肪酸です。

オリーブオイルの主な脂肪酸はオレイン酸と呼ばれる一不飽和脂肪で、総オイル含有量の73%を占めています。研究によると、オレイン酸は炎症を軽減し、癌に関連する遺伝子に有益な効果をもたらします。

2.オリーブオイルには抗酸化物質がたくさん含まれています。

オリーブオイルは非常に栄養価が高いです。有益な脂肪酸に加えて、ビタミンEとKが含まれています。強力な抗酸化物質も含まれています。

これらの抗酸化物質は、慢性疾患のリスクを減らす可能性があります。また、炎症と戦うのに役立ち、血中コレステロールを酸化から保護します。

3.オリーブオイルには強力な抗炎症作用があります。

慢性炎症は、癌、心臓病、メタボリックシンドローム、2型糖尿病、アルツハイマー病、関節炎、さら​​には肥満などの病気の主な原因であることが知られています。

研究によると、オリーブオイルの主要な脂肪酸であるオレイン酸は、C反応性タンパク質(CRP)などの重要な炎症マーカーのレベルを低下させる可能性があります。

別の研究では、オリーブオイルに含まれる抗酸化物質が炎症を引き起こすいくつかの遺伝子やタンパク質を抑制できることがわかりました。

4.オリーブオイルは脳卒中の予防に役立ちます。

脳卒中は、血栓や出血による脳への血流の遮断によって引き起こされます。主要な先進国では、脳卒中は心臓病に次いで2番目に多い死因です。

841,000人を対象とした大規模な研究では、オリーブオイルが脳卒中や心臓病のリスクの低下に関連している一不飽和脂肪の供給源であることがわかりました。

140,000人の参加者を対象とした別の研究では、オリーブオイルを摂取した人は摂取しなかった人よりも脳卒中のリスクが低かった。

5.オリーブオイルは心臓の健康を改善するのに役立ちます。

オリーブオイルにはオレイン酸と呼ばれる一不飽和脂肪が含まれており、アテローム性動脈硬化症、心臓発作、プラークの蓄積、脳卒中などの心臓病の予防に関連しています。

オレイン酸は、心臓病や早死の危険因子の1つである血圧を下げることが示されています。数十年前に実施された観察研究は、地中海諸国は心臓病にかかりにくいことを示しています。

地中海式食事に関する広範な調査を行った後、彼らはオリーブオイルがこの食事の重要な成分の1つであることを発見しました。

オリーブオイルの他の利点の1つは、炎症を抑え、悪玉LDLコレステロールを酸化から保護することです。これは血管の内層を改善し、過度の血液凝固を防ぐのに役立つ可能性があります。

したがって、心臓の健康のために、食事にオリーブオイルをたくさん含めることをお勧めします。

6.オリーブオイルはアルツハイマー病の予防に役立ちます。

アルツハイマー病は、世界で最も一般的な神経変性疾患です。主な特徴の1つは、脳細胞内のベータアミロイドプラークの蓄積です。

ラットでの研究は、オリーブオイル中の物質がこのプラークの蓄積を防ぐのに役立つことを示しています。ただし、これはまだ小規模な研究であるため、アルツハイマー病に対するオリーブオイルの影響についてさらに研究する必要があります。

7.オリーブオイルは2型糖尿病のリスクを減らす可能性があります。

オリーブオイルは2型糖尿病を予防することが示されています。いくつかの研究は、オリーブオイルが血糖値とインスリン感受性に有益な効果があることを示しています。

418人の健康な人々を対象とした臨床試験では、オリーブオイルを使った地中海式食事療法により、2型糖尿病のリスクが40%以上減少しました。

8.オリーブオイルに含まれる抗酸化物質には抗ガン作用があります。

癌は私たちの健康を脅かす最も恐ろしい病気の1つです。一部の研究者は、地中海諸国の人々はいくつかの癌のリスクが低く、オリーブオイルが基礎であると言います。

オリーブオイルの健康上の利点の1つは、抗酸化作用があることです。抗酸化物質は、ガンの主な原因であると考えられているフリーラジカルによる酸化的損傷を減らすことができます。

9.オリーブオイルは関節リウマチの治療に役立ちます。

関節リウマチは、関節の痛みを特徴とする病気です。正確な原因は不明ですが、免疫系が正常な細胞を攻撃していることが関係しています。

オリーブオイルは、関節リウマチ患者の炎症マーカーを改善し、酸化ストレスを軽減することが示されています。オリーブオイルは、抗炎症性のオメガ-3脂肪酸の供給源である魚油と一緒に使用すると、より有益な効果があります。

ある研究では、オリーブオイルと魚油が関節リウマチの人々の関節痛を改善すると報告されました。

10.オリーブオイルには抗菌作用があります。

オリーブオイルの利点の1つは、有害なバクテリアを抑制または殺すことができる多くの栄養素が含まれていることです。そのうちの1つはヘリコバクターピロリです。これは胃に生息し、胃潰瘍や胃癌を引き起こす可能性があります。

ある研究によると、毎日30グラムのオリーブオイルを摂取すると、2週間で10〜40%の人のヘリコバクターピロリ感染を排除できることがわかりました。

11.オリーブオイルは骨の健康をサポートします。

オリーブオイルに含まれるポリフェノールは、変性を減らすことで骨密度を改善することができます。地中海式食事療法は、高齢者の骨折のリスクの低下にも関連しています。

12.オリーブオイルは視力を助けます。

オリーブオイルの利点の1つは、目の健康に役立つことです。これらの特性は、オリーブに含まれるビタミンAと抗酸化物質の含有量が高いためです。このカロテノイド抗酸化物質は、加齢に伴う黄斑変性症を軽減し、白内障の形成を抑制することにより、視神経の健康を維持するのに役立つ可能性があります。オリーブオイルにはビタミンEの栄養素も豊富に含まれています。

13.オリーブオイルは消化に良いです。

オリーブオイルは食物繊維が豊富です。これは腸と消化器の健康の重要な要素です。十分な量の食物繊維を摂取すると、便秘を防ぐのに役立ちます。

オリーブオイルの副作用/注意事項

オリーブやオリーブの葉に関連する植物アレルギーを持つ人々は、アレルギー症状を発症する可能性があります。また、妊娠中または授乳中の場合は、安全性の研究がまだ不足しているため、注意する必要があります。

オリーブオイルには血糖値と血圧を下げる能力があるため、それに関連する薬を服用している人には注意が必要です。必ず医師にご相談ください。

オリーブオイルの摂取量が多すぎると、胆嚢が詰まったり、胆石が発生したりする可能性があります。私たちの肝臓は胆嚢内に蓄積する胆汁を生成します。しかし、私たちの体が過剰な脂肪を保持すると、この貯蔵された胆汁はそれを分泌して乳化し始めます。最終的に、胆嚢が詰まるか、胆石が体内で発生します。

オリーブオイルの過剰摂取は、下痢などの胃腸の問題を引き起こす可能性があります。私たちは皆、オリーブオイルが強力な下剤特性を持っていることを知っています。ただし、オリーブオイルを大量に摂取すると、完全に消化されなくなる可能性があります。その結果、下痢が発生する可能性があります。

オリーブオイルは高脂肪ですが、カロリーは高いです。オリーブオイルを過剰に摂取すると栄養バランスが崩れる可能性があるため、他の食品と一緒に適度に摂取する必要があります。

この記事はオリーブオイルについてです。オリーブ自体とは少し違うかもしれません。これはオリーブオイルに関するものですので、誤解しないようによくお読みください。

Show Buttons
Hide Buttons