インゲン豆の効果・効能

インゲン豆の効果・効能

インゲン豆

1.インゲン豆は心臓の健康を改善するのに役立ちます。

インゲンマメは、高コレステロールの肉やその他のタンパク質源を置き換えるときに、健康に良い影響を与える可能性があります。コレステロールを減らすことは、心臓病のリスクを下げ、心臓の健康を改善する1つの方法です。インゲン豆は、タンパク質源として使用できる最も健康的な大豆品種の1つであり、他の大豆品種よりも脂肪と飽和脂肪がわずかに少ないですが、繊維とタンパク質の量は同じです。

インゲンマメに含まれる高レベルのマグネシウムはコレステロールに作用し、脳卒中、血管疾患、動脈血餅、心臓発作などの心臓関連疾患との闘いに役立ちます。

インゲン豆には、血圧レベルを調節することが知られているもう1つの重要な栄養素であるカリウムも豊富に含まれています。

2.インゲン豆は結腸ガンの予防に役立ちます。

研究によると、インゲン豆などの通常の豆を定期的に食べる人は、結腸がんを発症する可能性が低い可能性があります。大豆の繊維は、結腸の細胞増殖を調節するのに積極的な役割を果たしており、結腸癌を発症するリスクを減らすのに役立つ可能性があります。

3.インゲンマメには血糖コントロール特性があります。

大豆は低グリセミック指数の食品であるため、食べても血糖値が急上昇することはありません。また、血糖値を急上昇させる食品の影響を軽減するのに役立つ場合があります。

たとえば、インゲン豆や他の通常の豆をご飯と一緒に食べると、ご飯の消化速度が遅くなる可能性があります。これは、炭水化物が分解されて腸でゆっくりと吸収され、突然の糖のスパイクを防ぐことを意味します。

大豆には、血糖値の急上昇を防ぐ可溶性および不溶性の繊維も含まれています。不溶性繊維はコレステロール値を下げるのにも役立ちます。高コレステロールは糖尿病患者にとってもう一つの問題です。したがって、インゲン豆は糖尿病の食事療法に適した食品になり得ます。

4.インゲン豆は体重管理に最適です。

インゲン豆は体重管理に役立ちます。多くの人々は、特に低炭水化物ダイエットを採用するとき、ダイエットに苦労しています。食物繊維の多い食事をとることは、減量の代わりになる可能性があります。彼らは繊維でいっぱいなので、あなたはより長く満腹に感じ、食べ過ぎを避けます。研究によると、高繊維食の一部として大豆を食べると、体重を減らすのに役立つ可能性があります。

5.インゲン豆は消化に良いです。

インゲンマメには消化器系の健康上の利点があります。インゲン豆は、水溶性と不溶性の両方の繊維が豊富です。食物繊維は、消化器の健康と腸の規則性を促進するのに役立ちます。ただし、多すぎるとガスや鼓腸などの問題が発生する可能性があるため、注意してください。

6.インゲンマメは必須ミネラルが豊富です。

インゲン豆は、健康な骨や歯に重要な役割を果たす造血鉄とリンが豊富です。また、フリーラジカルによる損傷から神経系を保護するビタミンKも含まれています。

7.インゲンマメにはコレステロール低下作用があります。

インゲン豆は水溶性食物繊維が豊富です。水溶性食物繊維が消化を促進するのに役立つことはわかっていますが、不健康なLDLコレステロールを下げるのにも役立つことを知っている人は多くありません。

8.インゲン豆は記憶力の向上に役立ちます。

インゲンマメには、記憶力を改善する利点があります。健康的な認知機能に寄与するビタミンB1が豊富です。十分なレベルのビタミンB1は、アセチルコリン(重要な神経伝達物質)の合成を助け、脳の適切な機能を確保し、集中力と記憶力を向上させます。また、アルツハイマー病や認知症の進行を遅らせるのにも役立ちます。

9.インゲン豆はエネルギーの生成を助けます。

インゲン豆に含まれるマンガンは、体の代謝が栄養素を分解してエネルギーを生成するために基本的に重要です。

10.インゲンマメには抗酸化作用があります。

インゲン豆の多くの利点の1つは、抗酸化作用があることです。マンガンは、体の抗酸化防御が体内の有害なフリーラジカルを破壊するのを助けます。したがって、インゲンマメは抗酸化物質が豊富な食品のカテゴリーに分類されます。

11.インゲン豆はたんぱく質が豊富です。

インゲンマメはたんぱく質が豊富です。それは菜食主義者のための良い肉の代用品です。豆を食事に加えることで、肉や他の食べ物を加えることなく、体にタンパク質を与えることができます。

12.インゲンマメには自然な解毒作用があります。

インゲン豆には解毒剤の利点もあります。今日の多くの食品には、亜硫酸塩を含む防腐剤が含まれています。亜硫酸塩の含有量が多いと、体に有毒であることが知られています。インゲン豆に含まれるモリブデンは、亜硫酸塩から体を解毒するのに役立ちます。インゲンマメを定期的に摂取するとアレルギー症状が軽減されるため、亜硫酸アレルギーのある人にも有益です。

13.インゲン豆は高血圧を防ぐのに役立ちます。

インゲンマメは、カリウム、マグネシウム、水溶性食物繊維、タンパク質の優れた供給源であり、高血圧を軽減するのに役立ちます。一緒に、これらの要因は正常な血圧を維持するのに役立ちます。カリウムとマグネシウムは動脈と血管を拡張し、スムーズな血流を確保します。

14.インゲン豆は便秘を和らげるのに役立ちます。

インゲンマメは便秘を和らげるのに利点があります。不溶性繊維は便のかさを増やしてスムーズな排便を確保し、便秘を和らげます。

15.インゲン豆は免疫力を高めるのに最適です。

インゲンマメに含まれる抗酸化物質は、フリーラジカルを除去し、体の細胞を保護することで免疫システムを強化します。

16.インゲンマメには老化防止作用があります。

インゲン豆の美容上の利点の1つは、老化防止特性です。抗酸化物質はフリーラジカルを除去し、細胞の老化を遅らせます。また、しわを減らし、にきびを治療し、髪と爪に栄養を与えます。

17.インゲン豆は骨を強くします。

インゲン豆に含まれるマンガンとカルシウムは、骨を強化し、骨粗鬆症を予防するのに役立ちます。葉酸は骨と関節の健康を維持するのに役立ち、骨の病気や骨折のリスクを減らします。

18.インゲン豆は片頭痛を減らすのに役立ちます。

インゲン豆に含まれるマグネシウムは、片頭痛を防ぎ、血圧を安定させるのに役立ちます。

19.インゲン豆は組織の修復を助けます。

ビタミンB6は組織の成長と皮膚と髪の修復を助けます。また、多くの種類の目の変性を防ぎ、抜け毛を防ぐのにも役立ちます。

20.インゲン豆は白内障の軽減に適しています。

インゲンマメに含まれるビタミンB3は、白内障の軽減、場合によっては白内障の治療に役立つことが示されています。

21.インゲン豆は関節リウマチを和らげるのに役立ちます。

インゲン豆の銅含有量が高いため、関節炎の炎症が軽減されます。銅はまた、靭帯と関節の柔軟性を保証します。

22.インゲンマメには喘息を和らげる性質があります。

インゲン豆は喘息の緩和にも役立ちます。インゲンマメに含まれるマグネシウムは、気管支拡張作用があり、肺の内外への空気のスムーズな通過を保証します。研究によると、マグネシウムレベルが低いと喘息を引き起こす可能性があります。

23.インゲン豆はガンの予防に役立ちます。

インゲンマメは、ガンと戦うのに役立つ抗酸化物質の優れた供給源です。それらはまた繊維が豊富で、消化器系のさまざまな形態の癌と戦うのに適しています。

ある研究では、フラボノールの大量摂取と癌のリスクの低下が関連付けられていました。大豆はフラボノールを多く含み、癌患者を助ける可能性があります。また、アメリカ癌研究協会によると、インゲンマメのリグナンとサポニンは癌との闘いに役立ちます。

24.インゲン豆は赤ちゃんにとって良い食べ物です。

インゲン豆のもう一つの利点は、赤ちゃんにとって有益であるということです。インゲンマメには、赤ちゃんの成長と発達を助ける必須栄養素が含まれています。骨の強度に重要なカルシウムとカリウムが豊富に含まれています。また、成長と発達に不​​可欠な構成要素であるタンパク質も含まれています。

さらに、インゲン豆の葉酸は赤ちゃんの脳の発達に重要な役割を果たします。

25.インゲンマメは妊娠中の良い食べ物です。

インゲン豆の利点は、タンパク質、繊維、鉄分、抗酸化物質が含まれていることです。これはすべて、特に妊娠中は非常に重要です。妊娠中は血液量が増えるため、より多くのヘモグロビンを生成するにはより多くの鉄が必要です。鉄は、葉酸とともに、赤ちゃんの認知発達を助けます。

インゲン豆の繊維は、妊娠中に消化管が適切に機能するのを助けます。妊娠中、ホルモンは消化過程と相互作用し、便秘を引き起こす可能性があります。

26.インゲン豆は神経系の健康を改善する可能性があります。

モリブデンは、細胞のエネルギー生産と神経系の発達を助けます。インゲン豆はまた、脳が必要とするアミノ酸、ビタミン、ミネラルを提供します。葉酸を含むいくつかのビタミンは、神経系に必要な特定のアミノ酸の調節に重要な役割を果たしています。研究によると、葉酸の欠乏はホモシステインレベルを上昇させる可能性があり、これはアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患の危険因子である可能性があります。

27.インゲン豆は血を作るのを助けます。

インゲン豆のもう一つの利点は、それらが血液を作るのを助けることです。銅と鉄は、新しい血球の形成に不可欠です。インゲンマメ1カップには、1日の推奨量の鉄と銅の26%と29%が含まれています。鉄欠乏症も貧血につながる可能性があります。

28.インゲン豆は、にきびの治療にも役立ちます。

インゲン豆には亜鉛も含まれており、健康な肌を維持する上で重要な役割を果たしています。亜鉛は皮脂腺の適切な機能をサポートし、汗の生成を助けます。それとは別に、インゲンマメの葉酸は新しい皮膚細胞を作るのを助けます。定期的に新しい細胞を生成することは、毛穴をきれいにし、にきびの発生を減らすのに役立ちます。したがって、インゲン豆を食べることは皮膚の健康に有益です。

29.インゲン豆は脂肪肝の予防に役立ちます。

インゲン豆は脂肪肝の予防にも効果的です。脂肪が肝臓に蓄積すると、脂肪肝になります。これは、肥満、高血圧、高コレステロール、その他のメタボリックシンドロームの問題を引き起こす可能性があります。

脂肪肝の治療は、血糖値の制御、体重減少、LDLやトリグリセリドなどの血中コレステロール値の低下に基づいています。高脂肪の動物性タンパク質を大豆に置き換えると、肝臓の健康を改善するのに役立ちます。

インゲン豆の副作用

インゲンマメには多くの健康上の利点がありますが、未調理または不適切に調理された豆はわずかに毒性があります。インゲンマメには、植物血球凝集素として知られる有毒物質が含まれています。この成分は多くの穀物によく見られますが、特にインゲンマメに多く含まれています。主な症状は嘔吐と下痢です。

インゲン豆は、一部の人々に鼓腸、膨満、下痢などの問題を引き起こす可能性があります。アルファガラクトシダーゼと呼ばれるこれらの豆の不溶性繊維は、これらの問題を引き起こします。

インゲン豆100g中の推奨1日量の%

  • カロリー:127 Kcal
  • 総脂肪:(1%)
  • ナトリウム:(0%)
  • 総炭水化物:(8%)
  • 食物繊維:(26%)
  • タンパク質:(17%)
  • カルシウム:(2%)
  • 鉄:(16%)
  • カリウム:(9%)
  • ナイアシン:(4%)
  • パントテン酸:(4%)
  • リボフラビン:(4%)
  • チアミン:(13%)
  • ビタミンB6:(9%)
  • ビタミンC:(1%)
  • ビタミンK:(7% )
  • 銅:(27%)
  • マグネシウム:(11%)
  • マンガン:(21%)
  • リン:(20%)
  • セレン:(2%)
  • 亜鉛:(10%)
  • コレステロール:(0%)
Show Buttons
Hide Buttons