ひまわりの種の効果・効能

ひまわりの種の効果・効能

ひまわりの種効果・効能

1.ヒマワリの種はコレステロール値を下げます。

ヒマワリの種は、代謝と蓄積のプロセスに影響を与える可能性のある単一および複数の不飽和脂肪酸が豊富です。

飽和脂肪はバター、マーガリンなどを多く含みます。飽和脂肪を不飽和脂肪に置き換えると、コレステロール値を下げることができます。

ヒマワリの種は、体内の悪玉コレステロール(LDL)を低下させる可能性があります。コレステロールの低下は心臓の健康に良い影響を及ぼします。

2.ヒマワリの種は心臓血管の健康に良いです。

ヒマワリの種は血中コレステロール値を制御するのに役立ちます。コレステロール値が低いということは、アテローム性動脈硬化症やその他の心臓病のリスクが低いことを意味します。また、ヒマワリの種には降圧効果があります。

これらの種子には、血液から特定のタンパク質、ビタミンE、フリーラジカルを除去するヘリカンチンなどの植物化学物質が含まれています。ヒマワリの種のタンパク質(ペプシンやパンクレアチンなど)も、アンジオテンシン-1変換酵素(ACE)をブロックします。これは、血管を狭め、血圧を上昇させる血管収縮物質です。

アンジオテンシン1変換酵素(ACE)阻害薬に適した食品を食べると、高血圧、虚血性発作、不整脈などの心臓の問題に役立つ可能性があります。

3.ヒマワリの種には抗炎症作用があります。

ひまわり油と種子は、活性トコフェロール(ビタミンE)、リノール酸、トリテルフェン、その他のポリフェノール化合物を含んでいるため、抗炎症作用で知られています。

体内の高血糖値は炎症を引き起こす可能性があります。ヒマワリの種は食物繊維が豊富で、食物からの栄養素の吸収を遅らせ、食後の血糖値の急上昇を防ぎます。

4.ヒマワリの種は糖尿病患者にとって良いおやつになり得ます。

糖尿病をコントロールするには、適切な食事をとることが不可欠です。高糖質および高炭水化物食品を食べると、血糖値が急上昇する可能性があります。

低コレステロールのヒマワリの種などのスナック食品は、糖尿病の管理に役立ちます。ヒマワリの種はグリセミック指数が低いです。ヒマワリの種を食べると、血糖値の上昇を防ぐことができます。

ヒマワリの種に含まれる不飽和脂肪酸やポリフェノール化合物にも抗糖尿病効果があります。血糖値を制御することで、肝臓、膵臓、その他の重要な臓器を間接的に保護することができます。

5.ヒマワリの種は、便秘と下痢を和らげるのに役立ちます。

ヒマワリの種などの高繊維食品は、便秘を和らげる下剤として機能します。

ヒマワリの種をそのまま食べるか、スムージー、朝食用シリアル、ヨーグルトを加えるのが良いでしょう。ただし、この種子は1日に20〜35グラムしか食べないでください。ヒマワリの種が豊富な食物繊維を食べすぎると、便秘や下痢を悪化させる可能性があります。

また、ヒマワリの種の抗炎症作用は、過敏性腸症候群(IBS)を和らげることができます。

6.ヒマワリの種は、エストロゲンの不均衡を制御するのに役立ちます。

ヒマワリの種は、植物性エストロゲンの最も豊富な供給源の1つです。植物性エストロゲンは植物性代謝物です。この植物化学物質は、構造的および機能的にエストロゲンおよびテストステロンに類似していることが知られています。

研究によると、植物性エストロゲンとイソフラボンには、乳がん、前立腺がん、骨粗鬆症、およびさまざまな閉経後の障害を予防するのに役立つ有益な特性があります。

しかし、植物性エストロゲンのこれらの特性はまだ物議を醸しており、さらなる研究が必要です。したがって、参考としてのみご利用ください。専門医にご相談されることをお勧めします。

7.ヒマワリの種は抗菌性を持つことができます。

研究によると、ヒマワリの種の抽出物は抗菌性と抗真菌性を示します。

ヒマワリの種は、Salmonella typi、Staphylococcus aureus、Bacillus subtilis、Vibriocholeraなどの特定の種類の細菌の増殖を阻害する可能性があります。

ヒマワリの種のタンニン、アルカロイド、サポニンは、細菌や真菌の病原菌を殺すことが知られています。

追加情報

ヒマワリの種には、タンパク質、不飽和脂肪酸、リノール酸、オレイン酸、食物繊維、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウム、セレン、ビタミンA、ビタミンE、葉酸が含まれています。

この種子は活性生化学物質が豊富です。フェノール酸と、ヘリセチン、ケルセチン、ケンペロール、ルテオリン、アピゲニンなどのフラボノイドが含まれています。

また、アルカロイド、タンニン、サポニン、テルペンも含まれています。これらすべての栄養素のおかげで、ヒマワリの種は強力な抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用を持っています。

ヒマワリの種の副作用/注意事項

ヒマワリの種は便秘や下痢を引き起こす可能性があります。

皮をむいていないヒマワリの種を食べた子供たちに便秘と下痢の症例がありました。皮をむいていないヒマワリの種を食べると、便が直腸にくっついて硬くなるため、胃石が発生する可能性があります。

したがって、大人も子供も、皮をむくことなくヒマワリの種を食べるように注意する必要があります。

ヒマワリの種はアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

ヒマワリの種はアレルギー反応を引き起こす可能性があります。ヒマワリの花粉とタンパク質は、強力なアレルゲンとして知られています。

ヒマワリの種を食べた後、皮膚の状態、発疹、浮腫、アレルギー性鼻炎、喘息、気管支炎、結膜炎が発生する可能性があります。

ヒマワリの種を食べた後にこれらの症状を経験した場合は、すぐに医師に相談してください。

ヒマワリの種はにきびを悪化させる可能性があります。

ヒマワリの種や油の典型的な副作用の1つは、にきびの悪化です。

ヒマワリの種は脂肪含有量が高く、皮脂腺を引き起こすため、にきびを悪化させる可能性があります。これらの高脂質皮脂は、皮膚の毛穴を塞ぎ、にきびを悪化させる可能性があります。

逆に、ヒマワリ種子油または抽出物を含む製品の局所適用は、抗炎症効果を示します。

Show Buttons
Hide Buttons