うなぎの効果・効能

うなぎの効果・効能

うなぎ

1.うなぎには肌の健康に良い効果があります。

ウナギはビタミンAが豊富です。ビタミンAは、肌にダメージを与える可能性のある毒素やフリーラジカルを取り除くのに役立ちます。ビタミンAは肌に潤いを与え、柔らかくしなやかにし、乾癬のような乾燥肌を防ぎます。

2.ウナギはDNAの形成を助けます。

ウナギに含まれるビタミンB12は、体内でDNAを形成するために不可欠です。ビタミンは細胞分裂の過程に不可欠です。ビタミンB12の欠乏は、体内で巨赤芽球の形成につながる可能性があり、貧血につながる可能性があります。

3.ウナギは細胞や組織の再生を助けます。

髪、爪、皮膚を維持するために、細胞や組織を再生する必要があります。血球は一週間後に死に始めます。古いセルを交換するには、セルの補充が必要です。ウナギに豊富に含まれるタンパク質は、細胞の再生に不可欠です。

4.うなぎは骨の健康に良いです。

ウナギの多くの利点の1つは、骨の健康特性があることです。ウナギのリンは成長過程に不可欠であり、歯と骨を維持します。また、歯だけでなく歯茎の健康も促進します。

5.うなぎは消化器系の健康に良いです。

ビタミンB群は、体の消化器系、神経、健康的な食欲の機能をサポートし、健康な肌を維持します。

6.うなぎは向知性薬の特性を持っています。

研究によると、亜鉛はメンタルヘルスにプラスの効果をもたらします。ビタミンB6と一緒に、それは体内の神経伝達物質の機能を刺激します。

7.ウナギはアルツハイマー病の予防に役立ちます。

ウナギの利点の1つは、アルツハイマー病を発症する可能性が低くなることです。十分な量のビタミンB1を摂取すると、アルツハイマー病に効果があります。

8.うなぎは脳卒中を減らすのに役立ちます。

カリウムは脳機能に不可欠です。カリウムは脳に酸素を運び、神経活動を刺激します。これにより、脳卒中の発生を防ぎます。カリウムは、体内の血管を弛緩させる血管拡張剤としても機能します。これは凝固を防ぎ、血液の自由な流れを助けます。

9.うなぎは便秘を助けます。

ウナギのマグネシウムは便秘を和らげます。マグネシウムは腸の筋肉をリラックスさせる下剤の特性を提供します。

10.うなぎは悪玉コレステロールを減らすのに役立ちます。

コレステロールには良いタイプと悪いタイプがあります。名前が示すように、あなたの体は適切に機能するために良いコレステロールを必要とします。しかし、悪玉コレステロールは血流を妨げ、多くの心臓関連疾患を含む、体内の他の多くの疾患の原因となります。ウナギの利点の1つは、血中の悪玉コレステロールを減らすのに役立つことです。

11.ウナギは心血管疾患を減らすのに役立ちます。

ウナギの栄養特性の1つは、オメガ3が含まれていることです。これは、糖尿病や心臓関連疾患の発症に役立ちます。これに加えて、それは血中の悪玉コレステロールと戦いそして排除するのを助けます。

12.うなぎは貧血の予防に効果的です。

ウナギの多くの利点の1つは、鉄分が含まれていることです。鉄は、体内、特に血球でヘモグロビンを形成するために最も必要な物質です。ヘモグロビンは、血液を介して体全体に酸素を運ぶため、不可欠です。鉄分が豊富なウナギを食べると貧血を防ぐことができます。また、ウイルスや細菌の攻撃によって免疫システムが損なわれた場合に、免疫システムを回復するのにも役立ちます。

13.ウナギは、ビタミンA、D、およびB12の豊富な供給源です。

この記事の最後にある栄養成分で示されているように、100グラムのウナギはビタミンAとB12の推奨される1日量の100%以上を提供します。

ビタミンAとB12は、目の健康、エネルギー生産、免疫機能、および他の多くの機能において重要な役割を果たします。

さらに、100グラムのウナギはあなたの毎日のビタミンD摂取量の半分以上を提供します。

ビタミンDは体内でホルモンとして作用し、すべての細胞がそれを必要とします。その多くの機能の中で、ビタミンDは免疫の健康と骨格系にとって非常に重要です。

14.ウナギは水銀が少ないです。

近年、重金属汚染(特に水銀)の潜在的なリスクがシーフードにとって重大な懸念事項になっています。

ある研究では、ウナギは水銀レベルが最も低いシーフードの1つであることが証明されています。

15.ウナギはオメガ3が豊富です。

オメガ3必須脂肪酸は私たちの健康にとって非常に重要ですが、ほとんどの人はそれらを十分に摂取していません。

研究によると、EPAとDHAのオメガ3摂取は、心血管疾患のリスクの低下に関連していることが示されています。

ウナギ以外の新鮮な魚介類にもオメガ3が豊富に含まれているため、ウナギにこだわる必要はありません。

うなぎの副作用/注意事項

ウナギは脂肪分とコレステロールが高いので注意してください。

うなぎを生で食べるのも危険です。中には毒素が含まれているものもありますので、火で焼いてください。

ウナギ100gあたりの栄養情報(%は推奨される1日量の比率です)。

  • カロリー:236 kcal(12%)
  • 炭水化物:0 g(0%)
  • 繊維:0 g(0%)
  • 脂肪:15 g(23%)
  • オメガ3:838 mg
  • オメガ-6:251 mg
  • タンパク質:23.7 g(47%)
  • ビタミンA:(126%)
  • ビタミンB12:(120%)
  • ビタミンD:(53%)
  • ビタミンE:(34%)
  • ナイアシン(B3):( 28%)
  • チアミン(B1):( 15%)
  • コリン:(12%)
  • パントテン酸(B5):( 6%)
  • ビタミンB6:(5%)
  • 葉酸:(4%)
  • リボフラビン(B2):( 4%)
  • ビタミンK:(1%)
  • リン:(22%)
  • 亜鉛:(19%)
  • セレン:(15%)
  • カリウム:(7%)
  • マグネシウム:(6%)
  • 鉄:(4%)
  • 銅:(3%)
  • ナトリウム:(3%)
  • カルシウム:(2%)
  • マンガン:(2%)
Show Buttons
Hide Buttons